食べる

赤坂に「らーめん 北の大地」 昭和45年創業の味受けつぐ札幌ラーメン提供

「とんかつ味噌らーめん」

「とんかつ味噌らーめん」

  • 41

  •  

 ラーメン店「らーめん 北の大地」(港区赤坂3、TEL 03-5544-9866)が10月30日、赤坂にオープンした。

「大地 味噌らーめん」

 「誰からも愛される優しい味」をコンセプトに、野菜8種類と白みそを使ったスープの札幌ラーメンを提供する同店。席数は19席。内装には、北海道をイメージしたというシラカバ材を使う。3代目店主の牧野英一太(えいた)さんの祖父・牧野昭一さんは北海道出身。祖父と結婚した祖母の牧野恵子さんが1970(昭和45)年、銀座のすずらん通りで「札幌ラーメン石狩」を創業した。一度は閉業したものの、3代目店主の牧野さんは「幼いころから慣れ親しんだ味をなくしてしまうのも寂しい。もう一回この味を世に広めてみよう」と、2008(平成20)年に新宿で「らーめん 北の大地」1号店を開店。赤坂店は、恵比寿店、ふじみ野店に次いで3店舗目となる。

[広告]

 メニューは、銀座店の時代からまかないで出していたものが従業員に好評だったため商品化したというロースとんかつをのせた「とんかつ味噌らーめん」(980円)、チャーシュー、煮タマゴ、ネギ、メンマをのせた「大地 味噌らーめん」(980円)、チャーシュー、コーン、ネギ、バターなどをのせた「味噌バターコーンらーめん」(930円)など。麺はすべて、羽田製麺の中太ちぢれ麺を使う。

 英一太さんは「奇をてらった物ではなく、老若男女誰が食べてもおいしいと言っていただけるようなラーメンを作っている。味も、みそ、塩、しょうゆとあるので飽きずに来ていただけると思う。昭和45年創業の昔ながらの変わらない味をたくさんの方に食べていただければ」と話す。

 現在の営業時間は、11時~16時、19時~23時。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?