食べる 買う

ANAインターコンチが100個限定一人用テークアウト「おせち」 関東風の雑煮付き

テークアウト用の容器に入れた雑煮椀が付くテークアウトおせちの「おせち宝箱」

テークアウト用の容器に入れた雑煮椀が付くテークアウトおせちの「おせち宝箱」

  • 11

  •  

 テークアウトおせちの予約を現在、ANAインターコンチネンタルホテル東京(港区赤坂1、TEL 03-3505-1111)内の日本料理「雲海」が受け付けている。

店内で提供する「おせち」には赤飯が付くほか雑煮椀は2種類の味から選べる

 テークアウトのおせちを初めて販売する同店。今回用意した「おせち宝箱」(9,500円)は1人向けの商品で、100個限定で販売する。大きさは、縦11センチ×横25センチ×高さ5.5センチの上品な白木の箱に詰めた一重。料理のラインアップは25種類で、「柚子(ゆず)伊達巻き」「小川唐墨(からすみ)」「堀川牛蒡(ごぼう)鶏そぼろ射込み」「栗金団(くりきんとん)」などを盛り込む。

[広告]

 ほかにも、カツオと昆布のだしを使い関東風のすまし汁仕立てにした「雑煮椀(わん)」が別添えで付く。具は「熨斗(のし)焼き餅」「合鴨ロース」「蒲鉾」「日の出金時人参(きんときにんじん)」「亀甲大根」「へぎ柚子(ゆず)」など8種類を入れる。

 同ホテル広報担当の山下沙耶佳さんは「今年は地方に帰省をせずに東京に残るという方も例年より多いのではないかと思う。食べ物のシェアをなるべく控えたいと考える方も多くいらっしゃるのではないかと考え、テークアウトスタイルの一人用おせちをご用意した。新しい生活様式に合わせて、おひとりさまごとの盛り付けとなっているので、ご自宅で手軽にお正月気分をお楽しみいただきたい」と話す。

 同店では2021年1月1日、2日に店内でもおせち料理の提供を行う。予約限定で用意する「おせち」(9,680円)は、例年とは異なるテークアウトと同じ白木の箱に詰めた一重スタイルで提供する。料理は縁起の良い松竹梅にちなんだ「松笠慈姑(まつかさくわい)」「新竹の子土佐煮」「光琳(こうりん)梅人参」など、テークアウトのおせちと同じメニューに赤飯を添えて提供する。

 ほかにも、2種類から選べる「雑煮椀」が付く。関西風は、京都の西京白みそを使った白みそ仕立てで、「丸小餅」「海老芋子」「辛子」など8種類の具を入れる。関東風は「熨斗焼き餅」「春子椎茸」「祝菜」などの具を入れたカツオと昆布を使ったすまし汁で提供する。

 同店では新型コロナウイルス感染拡大防止策として、ソーシャルディスタンスを確保するため、通常より席数を減らして営業。店内にはアルコール消毒液を設置するほか、全従業員がマスクを着用するなど、さまざまな対策を行う。

 山下さんは「当店では毎年店内でおせち料理をご提供しているが、宿泊のお客さまに限らず、長年のリピーターの方や遠方からお越しいただく方など、毎年多くのお客さまにご利用いただいている。店内では、季節を映し出す美しい日本庭園を眺めながら、ゆったりとした気分でお正月を迎えることができるので、ご自身のスタイルに合わせてお選びいただきたい」と話す。

 「おせち宝箱」の準備数は100個。予約の受け付けは12月31日まで。受付時間は9時~21時(31日は18時まで)。受け渡し日は2021年1月1日。受け渡し時間は10時~11時、11時~12時、12時~13時。受け渡し場所は同店前。「おせち」は要予約。予約は前日の21時まで。提供時間は1月1日=7時30分~、9時15分~、11時~、12時45分~、14時30分~、各回とも1時間15分。1月2日=11時~13時、13時30分~15時30分。受付人数は各回とも70人。テークアウト以外はサービス料別途。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?