食べる

ANAインターコンチで「ネコ点心」 ハリネズミやヒヨコも

蒸籠には(画像左)「ねこ」(画像中央)「ひよこ」(画像右)「はりねずみ」を盛り込む

蒸籠には(画像左)「ねこ」(画像中央)「ひよこ」(画像右)「はりねずみ」を盛り込む

  •  
  •  

 動物をモチーフにした点心を現在、ANAインターコンチネンタルホテル東京(港区赤坂1、TEL 03-3505-1111)の中国料理「花梨」が提供している。

中には表情の異なる点心を盛り込むことも

 広東料理を中心に、上海、四川、北京、潮州など中国各地の特徴ある料理や香港式本格飲茶を提供する同店。席数は188席、個室7室を設ける。

[広告]

 予約限定で提供する「Kawaii!点心」(1,728円)は、同店で点心専門料理長を務める吉成武男さんが考案したメニュー。吉成さんは「一昨年の秋、幅広い年代の方に喜こんでもらえるメニューとしてパンダ、子ぶた、ウサギといった愛らしいキャラクターの点心を提供したところ、多くの方にご好評いただいた。そこで旧キャラクターに代わる新たなメニューとして女性に人気のあるネコ、ハリネズミ、ヒヨコをモチーフにした点心を第二段として提供することにした」と話す。

 蒸籠(せいろ)には3種類の点心を盛る。「ねこ」はカレー風味のエビ入り蒸し餃子で、もち米の粉を使いもっちりとした食感に仕上げた。顔は海苔(のり)でひげを表現し、目には黒ゴマ、鼻と耳は黒ゴマペーストを使って表情を作り上げる。「はりねずみ」はハスの実餡(あん)入りの揚げまんじゅうで、ハサミを使い針毛を表現した。「ひよこ」は甘さを抑えたカスタード餡入りの蒸し餃子で、卵型の容器にも餡を入れた。事前に相談をすれば蒸籠に同じ種類の点心を盛り込むなどの特別なアレンジも可能。価格は内容により異なる。

 吉成さんは「点心師が1つずつ手作りで仕上げているため、さまざまな表情のものができる。蒸籠をお客様の目の前に出した瞬間、笑顔になるような商品を提供したいと思い心を込めて作っているので、ぜひ一度召し上がってほしい」と話す。

 提供時間は、ランチ=11時30分~14時30分、ディナー=17時~21時30分。(土曜は16時30分~21時30分、日曜・祝日は20時30分まで)。要予約。予約は2日前の10時まで。サービス料別途。

  • はてなブックマークに追加

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?