暮らす・働く

日枝神社で七五三 参拝者ピークの11月は巨大碁盤3台に増やして対応予定

巨大な碁盤を2台設置する日枝神社の境内の様子

巨大な碁盤を2台設置する日枝神社の境内の様子

  • 0

  •  

 赤坂の日枝神社(千代田区永田町2、TEL 03-3581-2471)で現在、11月15日の七五三を前に「七五三詣」が行われている。

七五三記念品の同神社オリジナルのパッケージに入った(左から)「オリジナルリカちゃん人形」 と「ウルトラマン人形」

[広告]

 例年多くの七五三を祝う参拝者でにぎわいを見せる同神社。「七五三詣」とは、3歳の男女児、5歳の男児、7歳の女児が神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。

 同神社では大きな碁盤(ごばん)に乗る「碁盤の儀」を1979(昭和54)年から行っている。境内に設置された巨大な碁盤の上に乗ることで自立心が養われ、運を開くとされていることから、毎年七五三に合わせて境内に設置。今年は9月に1台、10月からは2台を設置しており、参拝者がピークを迎える11月には3台に増やして対応する予定だという。

 七五三の祈とうを受けた子どもには参拝の記念に、同神社オリジナルのパッケージに入った「ウルトラマン人形」「オリジナルリカちゃん人形」「日枝神社バス」から1点と、千歳あめやお守りなどが授与される。

 同神社広報担当の内田博之さんは「今年もかわいらしく着飾ったお子さまがお見えになる七五三の時期となった。今年は例年よりも七五三に来る方が早いように見受けられる。当社ではお子さまの自立と開運を祈念する碁盤を用意しているので、七五三のご参拝の折には活用いただきたい。最近はスナップ写真を撮影するためカメラマンとお越しになる方も見かける。多くの方が参拝になるので、他の方への配慮の下、マナーを守っての撮影をお願いできれば」と呼びかける。

 七五三詣の受け付けは9時~16時。初穂料は1万円~。碁盤の設置は12月20日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース