食べる

ザ・キャピトルホテル東急に新作アフタヌーンティー 特注ティ―スタンドで提供

新作の「ザ・キャピトル アフタヌーンティー」

新作の「ザ・キャピトル アフタヌーンティー」

  • 19

  •  

 新作アフタヌーンティーの提供を9月1日、ザ・キャピトルホテル東急(千代田区永田町2)内のラウンジ「ORIGAMI」(TEL 03-3503-0872)が始める。

上段に「マーガレット」などのスイーツ下段に「紅ズワイガニのグラチネ」などのセイボリーを盛り込む

 今回提供する「ザ・キャピトル アフタヌーンティー」(6,655円)は、今年10月に開業10周年を迎えることを記念して企画した。従来のアフタヌーンティーを全面的にリニューアルした。器は静岡県・駿河竹筋細工の工房「みやび行燈(あんどん)製作所」に特注した竹かごのティ―スタンドを使い、メニューは季節ごとにその時期に合ったラインアップを展開していくという。

[広告]

 同ホテル広報担当の川邊美紗さんは「全てがオリジナルのアフタヌーンティーを提供したいと思いティースタンドから製作した。当ホテルは、都心の中心にありながら自然を感じることができる空間があり、『和モダン』をコンセプトにしているので、和の素材を生かしたものにしたいと思った。デザインは、ホテルスタッフのアイデアをもとに工房の熟練した職人に竹の持つしなやかな風合いを生かしながらラウンジの色調に合うよう仕立ててもらった。末永くお客さまに愛していただけるようとの願いを込め、ふたの上部には水引の淡路結びをあしらった」と話す。

 今回のメニューは、同ホテルのロゴである鳳凰(ほうおう)から着想を受け、翼の色といわれる赤・黒・緑・白・黄の5色を基調にしたラインアップを用意する。ティースタンドの上段には「マカロンバニーユ」や「モンブラン」など7種類のスイーツを盛り込み、下段には「トマト風味のパンペルデュ トリュフファータ添え」や「金ぱくをあしらった萬幻豚のリエット」など、7種類のセイボリーを並べる。別添えでスコーンを付ける。

 ドリンクは、紅茶鑑定士のサンジャイ・カプールさんがセレクトしたダージリンやアッサムをはじめ、季節のフレーバーティーやコーヒー、抹茶など約20種類がフリーフローとなる。「グラスシャンパンセット」(8,470円)や、90分制の「グラスシャンパンフリーフローセット」(1万2,100円)も用意する。

 川邊さんは「今回は開業10周年の新たな幕開けにふさわしいメニューをご用意した。鳳凰(ほうおう)をかたどったレアチーズケーキや10周年記念の限定ケーキ『ナポレオン ピスターシュ』をミニサイズでご用意するほか、小さなリンゴをかたどったムースなど、写真映え抜群のスイーツを取りそろえた。セイボリーには『冷製フォアグラのボンボン エスプレッソ風味』など、味わいの深い品々をご用意している。ぜひ都心にいながら緑豊かな四季を感じる空間で、時間を忘れ優雅なひとときをお過ごしいただきたい」と話す。

 提供時間は14時~18時。

Stay at Home

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?