天気予報

23

19

みん経トピックス

赤坂にご褒美食材のバー赤坂に焼肉ビストロ

赤坂の老舗和菓子店「塩野」が一時移転 3丁目エスプラナード通りに

赤坂の老舗和菓子店「塩野」が一時移転 3丁目エスプラナード通りに

エスプラナード通りに移転した同店外観

写真を拡大 地図を拡大

 赤坂の老舗和菓子店「塩野」(港区赤坂3、TEL 03-3582-1881)が5月16日、移転オープンした。

同店で扱う生菓子「常葉きんとん」(400円)

 1947(昭和22)年5月、初代社長の高橋十一さんが赤坂2丁目の地で開業した同店。店名は、かつて十一さんが勤めていた和菓子店の名前である「塩瀬」と、十一さんの幼少の頃の名字だった「野口」から一文字ずつ取って付けられた。

 当初は自宅兼店舗として営業をはじめ、生菓子や干菓子をメインに扱った。職人の細やかな手作業による菓子を販売し、季節に合わせた商品やユニークなデザインにファンが増えた。その後、店舗の裏側に工場を置き、工場兼店舗として営業を続けてきたが、建物の老朽化により店舗の建て替えが必要となり、この度仮店舗を赤坂3丁目、エスプラナード通り沿いに構えることとなった。建て替え工事は、2019年11月に終了し、60坪の敷地面積内に、2階建ての建物を建設。1階は販売所、2階は工場を構える予定という。

 現在は十一さんの子息である二代目の博さんが後を継いでいる同店。博さんは「生菓子や干菓子以外にも、焼き菓子や最中、羊かん、どら焼きなどを扱い、赤坂に勤めるサラリーマンや住民に手土産用や贈り物用として提供してきた。常連の方だけでなく、最近では足繁く通ってくださる外国人の方も増えている。建て替えのため店舗を閉めることを余儀なくされたが、愛着のある赤坂で営業し続けたいという気持ちが強かった」と話す。「これからも長年受け継いできた和菓子の技を継承しながら、新しい商品展開にも挑戦していきたい。仮店舗になるが、ぜひ足を運んでほしい」とも。

 営業時間は9時~19時(土曜・祝日は17時まで)。日曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

山口県下関市の「おつまみふぐ」
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

アクセスランキング