食べる 買う

赤坂のチョコレート店が新作バレンタインチョコ シングルモルトウイスキー6銘柄使う

バレンタイン限定の「ジャパニーズシングルモルトウイスキー6種×アリバカカオのボンボンショコラ」

バレンタイン限定の「ジャパニーズシングルモルトウイスキー6種×アリバカカオのボンボンショコラ」

  • 80

  •  

 赤坂のチョコレート専門店「MAMANO(ママノ) CHOCOLATE」(港区赤坂3、TEL 03-6441-2744)が現在、バレンタイン向けチョコレートの予約を受け付けている。

(画像左から)「安積」「厚岸」「山崎」「津貫」「余市」「秩父」の6種類のウイスキーを使った同商品

[広告]

 「世界初」となるカカオの希少種「アリバカカオ」専門のフェアトレードチョコレートを提供する同店。予約限定で販売する「ジャパニーズシングルモルトウイスキー6種×アリバカカオのボンボンショコラ」(3,000円)は、日本のウイスキーの中でも、特に蒸溜所の特徴が如実に出るというシングルモルトウイスキーを使ったもの。エクアドル産オーガニックアリバカカオとの相性を考えながら6種類のウイスキーを選び、ボンボンショコラとして食べ比べができる商品に仕上げたという。ウイスキーは「安積」「厚岸」「山崎」「津貫」「余市」「秩父」を採用した。

 店主の江沢孝太朗さんは「アリバカカオとそれぞれのウイスキーの香味のマリアージュに注目し、個々の特徴が最大限に生きるようなバランスで微調整を重ねた。チョコレートが同じカカオでも品種や生育環境、チョコレートになるまでの数々のプロセスでさまざまな香味や味わいを表現できるように、モルトウイスキーも大麦と水というシンプルな材料ながら蒸溜所それぞれの製造工程、土地が育む水や樽による熟成の環境により千差万別の香味や味わいを生み出すので、その共通する神秘を感じながら食べてもらえたらうれしい」と話す。

 「ビター感が強めのガナッシュに仕上げた『安積the first安積蒸溜所』、『サロルンカムイ厚岸蒸溜所』、『山崎18年山崎蒸溜所』に続いて、ミルク感を強めにした『津貫the first津貫蒸溜所』、『余市ウッディ&バニリック余市蒸溜所』、『ピーテッド2018秩父蒸溜所』の順に食べていただくのがお薦め。冷蔵庫から出して約20分後に食べるのもおいしく食べるポイント」とも。

 現在の営業時間は10時30分~20時(土曜・祝日は19時まで)。日曜定休。準備数に達し次第終了。2月14日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース