食べる

赤坂の「ラ カーサ」 昼は千葉県産の豚のとんかつ、夜はイタリア料理を提供

国産和牛を含めたフルコース一例

国産和牛を含めたフルコース一例

  • 2

  •  

 イタリア料理&とんかつ専門店「LA CASA(ラ カーサ)」(港区赤坂2、TEL 03-6441-0266)が赤坂にオープンして1カ月がたった。

千葉県産の豚を使った「ロースかつ定食」

 12月11日にオープンした同店。「和空間イタリアン」をコンセプトに、昼はとんかつ、夜は国産和牛を含めたフルコースなどのイタリア料理を提供する。同店は、赤坂6丁目のイタリア料理店「ESSE DUE(エッセ ドゥエ)」がプロデュースする。とんかつには、肉質がきめ細かくやわらかな食感が特長という千葉県産の豚「林SPF」を使い、ご飯は過去に皇室への献上米にも選ばれたという「多古米」を使う。夜はイタリア料理と約30種類のイタリアワインを用意する。

[広告]

 ランチメニューは、ごはんとキャベツがおかわり自由という「ロースかつ定食」(1,182円)など。ディナーは、「水牛モッツァレラとフルーツトマトのカプレーゼ」(1,600円)、「スパゲッティ カルボナーラ」(1,400円)、「黒毛和牛のラグー フェットチーネ」(1,680円)などをそろえる。

 店長の大森信二さんは「東京の中心地である赤坂の『隠れ家的和空間』。シェフは赤坂6丁目のイタリア料理店『エッセ ドゥエ』で、イタリア料理の様々な手法、調理法を勉強してきた。畳の掘りごたつカウンターで昼はとんかつ、夜はゆったりとイタリアンを楽しんでいただきたい」と話す。

 営業時間は11時30分~14時30分、17時30分~22時30分。土曜・日曜・祝日定休。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?