食べる

赤坂にサンドイッチ店「chez TAKEYAMA」 大豆使った手作りマヨネーズも

60度で2~3時間焼き上げたローストビーフのサンドイッチ

60度で2~3時間焼き上げたローストビーフのサンドイッチ

  • 6

  •  

 サンドイッチ店「chez TAKEYAMA(シェ タケヤマ)」(港区赤坂3、TEL 03-5544-9730)が赤坂にオープンして1カ月がたった。

マカロン各種も用意。左から「カシス」、「ストロベリー」、「ショコラ」

 12月2日にオープンした同店。「体に優しいサンドイッチ」をコンセプトに、8種類のサンドイッチやマカロン、総菜などを提供する。サンドイッチのパンは、フランスパンと全粒粉の食パンの2種類を用意する。サンドイッチに使うマヨネーズは、大豆を使って店内で手作りする。店長の竹山教生(ゆきお)さんは「ヨーロッパではケーキと総菜を一緒に売っている店が多い。20歳からイタリアン、フレンチに15年携わった経験から、本格的な総菜とスイーツを楽しめる店を作りたかった」と話す。

[広告]

 メニューは、60度で2~3時間焼き上げたローストビーフとしょうゆベースのジュレ、レタス、紫キャベツ、ニンジンを使ったサンドイッチ「ローストビーフ」、大豆のマヨネーズとオーロラソース、エビとブロッコリーを使った「エビカクテル」(以上580円)、80度の温度で蒸した後に表面を焼き上げた鶏肉と照り焼きソースを使った「照り焼きチキン」(540円)をそろえる。マカロンは、発酵バターとカカオ56%のチョコを使った「ショコラ」、発酵バターと山梨県産のあずきを使ったつぶあんの「あずき」(以上400円)などを提供する。

 竹山さんは「ボリューム満点でありながら健康的なサンドイッチで、罪悪感なくおなかを満たせる。具がメインのサンドイッチをぜひ味わっていただきたい」と話す。

 営業時間は8時~19時。日曜・祝日定休。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?