3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う

赤坂のデリバリー&テークアウト情報サイト「CORONAKLNA」オープンへ

「CORONAKLNA」トップ画像

「CORONAKLNA」トップ画像

  • 214

  •  

 赤坂のデリバリー&テークアウト情報をまとめたウェブサイト「CORONAKLNA(コロナクルナ)」が4月6日、オープンした。運営は、「CORONAKLNA事務局(赤坂一ツ木通り商店街組合内)」(港区赤坂4、TEL 03-3585-8759)。

今月からランチ営業を始めた飲食店も

 同サイトでは、デリバリーとテークアウトサービスを行っている赤坂の飲食店情報を掲載する。新型コロナウイルスの影響から自宅で仕事をする人が増え、赤坂の街からはビジネスマンが激減する中、大幅に売り上げを落とす飲食店も多いため、テークアウトやデリバリーサービスを始める店が徐々に増え始めている。

[広告]

 同サイトでは、飲食店名やメニュー説明のほか、電話番号、メールアドレス、金額、販売時間、支払い方法などを掲載する。参加店は「赤坂まるしげ」「とんかつ赤坂水野」「有職」「赤坂寿司」「バールデルポポロ」「宮崎手羽先番長」「アモーレ赤坂」「炎麻堂 赤坂店」「瀬文」「がブリチキン。赤坂店」など21店(4月6日現在)。

 発起人の一人、赤坂一ツ木通り商店街振興組合理事長の隅谷彰宏さんは「赤坂助け合いサイトとしてオープンさせた。2011(平成23)年の東日本大震災発生時、地元で働く人たちが集まって『元気をつけよう赤坂』『赤坂きぼう食堂』などの活動を行ったが、今回の騒動は当時以上だと感じており、商店街として何かをしなくてはと思いサイトを立ち上げた」と話す。「長期化が予想される中で、とにかく多くの人に生き延びてほしい。解放された時に、一緒に赤坂まつりでみんなで笑って盛り上がりたい」とも。

 掲載を希望する飲食店は、電話とメールで受け付ける。

Stay at Home

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?