食べる

赤坂の原価バーが「国産洋酒」を提供中 トリュフもグラム単位で注文可

同店で提供するメニュー「1ポンドover! Tボーンステーキ」

同店で提供するメニュー「1ポンドover! Tボーンステーキ」

  •  

 赤坂の「原価BAR」(港区赤坂3、TEL 03-6441-2574)が現在、「国産洋酒」をテーマにしたアルコールメニューを提供している。

グラム単位で提供する同店の「トリュフ」

 2012年11月にオープンした同店。酒や料理などすべてのメニューを原価で提供し、これまでに海底で熟成させたウイスキーなど珍しいメニューも扱ってきた。

[広告]

 現在同店は「国産洋酒」をテーマにしたアルコールメニューを提供している。ジンベースの「ジャパニーズジントニック」(300円)や「かぼすのギムレット」(360円)、ワインベースの「キール・ロ和イヤル」(480円)などのカクテルのほか、「ドメーヌ・ヒデ ソール」(グラス=430円)を含む20種類の日本ワイン、国産クラフトビール(250円~)、ウイスキー(40円~)などを用意する。

 洋酒に合わせたフードメニューも提供し、「豚肉の塩麹ロースト」(300グラム=500円)や「1ポンドover! Tボーンステーキ」(2,480円)、「厚切り牛タン」(100グラム=540円)、「松阪ポーク 骨付きロース」(450円)などの鉄板料理のほか、「TTKG(トリュフたまごかけご飯)」(300円)や「イタリア産キャビア」(25グラム=4,660円)なども用意する。

 「フードは洋酒に合った肉料理をメインに用意している。一般的に7,000円~8,000円のTボーンステーキを3,000円以下で提供しているので、ぜひこの機会に味わってほしい」と店長の山岸一崇さん。「トリュフをグラム単位で扱うなど(60円~)三大珍味も気軽に注文できる。仕事またはプライベートの特別な日などにぜひ活用してほしい」とも。

 営業時間は18時~翌5時(日曜・祝日は17時~23時)。入場料別途1,800円。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?