見る・遊ぶ

「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」のスイートルームで花火鑑賞プラン 浴衣の持ち帰りも

同ホテルの客室から撮影した花火の様子

同ホテルの客室から撮影した花火の様子

  •  

 紀尾井町のホテル「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」(千代田区紀尾井町1、TEL 03-3234-1111)が現在、花火鑑賞付き宿泊プランの予約を受け付けている。

眺望が楽しめる「紀尾井スイート」

 今回用意するプラン「KIOI HANABI Escape」(22万円)は、8月11日に近隣で開催される花火大会の様子を、地上約180メートルに位置する西向きの「紀尾井スイート」から楽しむことができるというもの。1室2名が利用できる同プランには、利酒師が選んだ冷酒と、夏に旬を迎えるネタを中心とした握り3種にロール寿司2種類をインルームダイニングで提供。持ち帰り可能な同ホテルオリジナル浴衣と扇子が各1セット付く。朝食は34階のクラブラウンジで提供する。

[広告]

 ほかにも、30階~36階の西向きツインルームで花火を鑑賞できる「選べるディナー付き 花火鑑賞プラン(朝食付き)」を用意する。同プランでは、部屋から花火大会をゆったりと鑑賞できるように、夕食の開始時間を17時と21時の2部制を設定。洋食の「オールデイ・ダイニング・オアシス・ガーデン」では、アミューズ、冷製スープ、サーロインのロティ、デザートなど全6品のコースメニューを用意。和食の「WASHOKU蒼天 SOUTEN」では、全8品の会席料理が楽しめる「夜会席 銀彩~GINSAI~」を用意。シャンパンや日本酒、赤白ワイン、ソフトドリンクなどから選べる1ドリンクも付く。料金は1室2名利用時、1泊1人5万6,388円~。

 同ホテル広報担当の高木聖香さんは「高層階から見える花火を、プライベートな空間で夕涼みをしながらゆったりとお楽しみいただきたい」と呼びかける。

 予約は8月8日17時まで。別途宿泊税。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?