食べる

「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」で5184通りの組み合わせできるランチ 季節の食材を盛り込む

ランチコースの「オールプリフィックスコース」は5184通りのコースが楽しめる

ランチコースの「オールプリフィックスコース」は5184通りのコースが楽しめる

  •  

 紀尾井町のホテル「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」内のダイニング「WASHOKU蒼天 SOUTEN」(千代田区紀尾井町1、TEL 03-3234-1111)が現在、メニューを自由に組み合わせることができるランチコース「オールプリフィックスコース」を期間限定で提供している。

メインの「イベリコ豚角煮揚げ黒酢ソース 海老フライタルタルソース」

 同ホテルのメインダイニングとして、伝統の味をコンテンポラリーなテイストで提供する同店。席数は58席。同ホテルマーケティング担当の高木聖香さんは「2016年のオープン当時より各シーズンごとに同コースをご用意しているが、昨年の夏よりメニューを選ぶ楽しさにフォーカスしたいと思いラインアップを増やした」と話す。

[広告]

 今回用意する「オールプリフィックス 樫/KASHI」(6,000円)は、「生ハムと焼きアスパラガス ミモレットチーズ掛け」など前菜6種、「白い卵の茶碗蒸し イクラ醤油(しょうゆ)掛け 柚子」など温物3種、「イベリコ豚角煮揚げ黒酢ソース 海老フライタルタルソース」などメイン8種、「とうもろこし炊き込みご飯(味噌汁・香の物)」など食事6種、「ブルーキュラソー杏仁豆腐とシャーベット」などデザート6種の中から、それぞれ1つ選んでコースをオーダーできるというもの。計29種のメニューから選べるコースの組み合わせは全部で5184通りとなる。

 高木さんは「味付けや食材の組み合わせに加え、盛り付けにも工夫し、従来の和食とは違う新しい表現としての『WASHOKU』を採用している。通常、和の食材では使わないドラゴンフルーツをソースの器に使うなど、遊び心を加えたアレンジなども取り入れている。季節の食材を取り入れたメニューもご用意しているので、ご自分のスタイルに合わせた組み合わせを楽しんで欲しい」と話す。

 提供時間は11時30分~15時30分(土曜・日曜・祝日は17時まで)。サービス料別途。8月31日まで。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?