赤坂でシニアモデル募集 プロが撮影、ファッション紙発行も

プロのメーキャップアーティストとカメラマンが本格的な撮影を行う

プロのメーキャップアーティストとカメラマンが本格的な撮影を行う

  •  
  •  

 赤坂地区総合支所協働推進課(赤坂4、TEL 03-5413-7013)が現在、70歳以上を対象にシニアモデルを募集している。

ファッション講座の撮影に立ち会う赤坂地区の親善大使・アユミン

 港区の本年度事業として始まった「赤坂・青山シニアファッショニスタ~自分らしく素敵に~」の一環。

[広告]

 赤坂・青山地区在住のおしゃれに興味のある70歳以上の男女がモデルになり、プロのメーキャップアーティストとカメラマンが撮影を行う。撮影した写真はファッション紙としてまとめ、ダイジェスト版を来年3月に、オリジナル版は平成29年度中に発行する予定。

 赤坂・青山地区を盛り上げるために考えたという同企画について、赤坂地区総合支所協働推進課の女性職員は「港区の中で、高齢化率が21.3%と最も高い地域であることに注目し、このような企画を立ち上げた。おしゃれな人が多く、赤坂・青山には魅力的なスポットもたくさんあるため、シニアの方が元気に街へ出るきっかけになってもらえれば」と話す。

 6月には今回の募集に先立ち、70歳以上の男女を対象にしたファッション講座を開き、モデル体験を行った。次回は11月中旬の開催を予定している。テーマは「健康的な歩き方・足を守る正しい靴選び」。本年度中に第3回までのファッション講座を開く予定。モデルの応募条件は、赤坂・青山に住んでいる70歳以上の男女。国籍は問わない。募集人数は4人。応募者多数の場合は抽選となる。

 「撮影場所はモデル本人の希望を聞いて決める予定。10月末から11月のになるので、神宮外苑のイチョウ並木もよいのでは。いい思い出になると思うので、勇気を出して応募してほしい」と呼び掛ける。

 募集は9月30日まで。

  • はてなブックマークに追加

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?