特集

赤坂経済新聞は、赤坂の飲食店を応援していきます。

  •  
  •  

普通の生活。

311日に起きた東日本大震災は各地に大きな被害をもたらしました。

 被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。また、亡くなられた方々のご冥福を深くお祈り申し上げます。

 今、東京に住む私たちには何ができるのでしょうか。例えば、被災地に駆けつけて復興支援をする方もいます。節電のように、一人ひとりが個人レベルで取り組めることもあります。

私たち赤坂経済新聞にできることは何かと考えていた時に、外食産業にかかわる方や飲食店から、次のような声が届きました。

「都心から人が消え、夜の飲食店はどこも大変だ」

「いつものように飲みにきてほしい。でなければ店がつぶれてしまう」

震災後、赤坂の街も閑散としています。このような状況がしばらく続くとなると、経済に大きな影響が出てしまいます。

地元の不動産会社によれば、赤坂エリアの経済は今年に入り冷え込んでおり、そこに地震の影響が及べば飲食店をはじめとする各店は厳しい状況をむかえるとのことでした

3月末の年度末を前に、盛り上がりを期待していた店舗、会社も多かったのではないでしょうか。しかし、この状況では持ちこたえられる店がどれだけあるか心配です。

都内の飲食店の消費は、地方の経済に影響します。東京に住む私たちが普段通りに外食し、飲食することはけして不謹慎なことではありません。これまで通りの経済活動を行うことが、被災地の復興にもつながります。こんな時こそ、私たちは普段の生活に戻らなければ。

赤坂経済新聞は、赤坂の飲食店を応援していきます。

                      2011年3月18日  

                     赤坂経済新聞編集部一同

赤坂見附の「フーターズ」が募金呼びかけ-アジア各国の店舗も

「今なら入れる」-行列ができる赤坂の中華店「金葉庭」、震災で行列減る赤坂の「板前寿司」、震災後の客数半減-ランチ限定セットも販売中止
赤坂にメニューのないイタリアンレストラン-「キッチャーノ」
「赤坂柿山」が被災者復興支援-義援金商品販売、おかきの支援物資も赤坂の飲食店から客足遠のく-中華料理店「うずまき」店主語る
赤坂にラーメン店「天佑」-地震発生後、時間を変更して営業

赤坂に竹炭を使ったラーメン店-大震災発生後、泊まり込みで開店準備
赤坂のトルコ料理店が「がんばれ、日本」Tシャツ-帰国せず営業続ける宮城県産ウイスキー、1本空いたら1万円-赤坂のバーが義援金

赤坂のガールズ居酒屋が「復興応援メニュー」-被災地出身の店長が考案赤坂の飲食店3店が合同でチャリティー、料理・ドリンクを無料で提供赤坂に節電呼びかける二つのポスター-地元企業、住民らのアイデアで完成

永田町のレストランが福島県の農家を支援するワイン会-親族被災で企画自民党が食堂を一般開放-風評被害を受けている野菜を提供
平河町にラテンビストロ「マドゥレス」-ファミリー向けプランも視野に
赤プリの避難者を「無料でヘアカット」-赤坂の美容室が申し入れ
赤坂ラーメン、赤プリ避難者にラーメンを無料提供
乃木神社前の和食店「坊垣」が1周年、一点ものの伊賀焼で料理を提供
「赤坂 炬屋」が兵庫の日本酒「龍力」フェア-蔵元から杜氏も参加
赤坂で「値決め食堂」緊急開催-風評被害の食材を調理
「赤坂 青野」、たい焼きを限定販売-売り上げの一部を義援金

  • はてなブックマークに追加

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?