みん経トピックス

前の新聞へ
次の新聞へ

ヘッドラインニュース

赤坂のソフトウエアメーカーが社内託児所 社員と同水準の月給30万で保育士を雇用

写真を拡大赤坂のソフトウエアメーカーが社内託児所 社員と同水準の月給30万で保育士を雇用

 赤坂に本社を構えるソフトウエアメーカー「ワークスアプリケーションズ」(港区赤坂1)が12月14日、社内託児スペース「WithKids」を開設した。 子どもが靴を履いて走り回ることができる「キッズガーデン」 全文を読む  1996年に創業し、人工知能型ERPパッケージソフト「HUE」などを提供する同社。Great Place to Work Institute Japanが実施する「働きがいのある会社」調査において9年連続で「ベストカンパニー賞」に選出されるなど、社内制度や職場環境の改善に力をいれている。

 今回開設した「WithKids」は仕事と子育てを両立できる環境づくりを目的とし、CEOである牧野正幸さんの発案から有志社員約50名で企画。企画を立ち上げ後、約9ヶ月で開設に至った。

 利用対象者はワークスグループの社員。月額3万円(定額制)の月極保育のほか、1日2,000円で子どもを預かる一時保育も行う。料金には昼食代、夕食代、ミルク代、おむつ代などの必要費を含む。食事は管理栄養士の社員が献立を担当し、予約すれば大人の分も用意し、親子で昼食や夕食に同じメニューの食事をとることができる。

 オープニングスタッフの保育士等は約550人の応募の中から4人を採用し、月給30万円以上で雇用。開設有志メンバーでもある企画担当の谷口裕香さんは「人材を大切にするという当社の考えをベースに、保育士も他の社員と同水準で雇用した」と話す。「『優秀な社員に働き続けてもらうために会社ができる限りのサポートをする』という考えが一般的になれば、より働きやすく、暮らしやすい社会が実現するはず。今後は保育のみでなく、長期休暇中の学童保育や自由研究のサポートなど、社内の働く環境の整備に力を入れていきたい」とも。

  • twitter
  • 0
    facebook
  • 0
    Google+
  • Line

最新ニュース

さらに読み込む

特集

さらに読み込む

アクセスランキング

さらに読み込む

フォトフラッシュ

さらに読み込む