食べる

ザ・キャピトルホテル東急で「ストロベリーフェア」 パフェやイチゴのパスタも

ラウンジ「ORIGAMI」の「ストロベリーパフェ」

ラウンジ「ORIGAMI」の「ストロベリーパフェ」

  • 10

  •  

 「ORIGAMIストロベリーフェア2020」が1月15日、ザ・キャピトルホテル 東急(千代田区永田町2、TEL 03-3503-0872)で始まる。

エビとイチゴのパスタを用意する「ストロベリーランチセット」

 いち早く春の訪れを感じてほしいと旧キャピトル東急ホテル時代から続く同フェア。今年もイチゴを使ったさまざまなメニューを展開する。

[広告]

 ラウンジ「ORIGAMI」では、「ストロベリーパフェ」(1,600円)を用意する。イチゴを側面に敷き詰めたグラスにはコーンフレーク、イチゴアイスクリーム、パイ生地、生クリームなどを重ね、マスカルポーネクリームをトッピングして仕上げる。

 同ホテル広報担当の川邊美紗さんは「『ストロベリーパフェ』は、お客さまの席に届いた時あっと驚くようなパフェを提供したいと思い考案した。パフェに添えたマスカルポーネはエスプーマで仕上げたので生クリームほど重くならなく全体のバランスが良く、さっぱりと食べていただけるのでぜひ試してほしい」と話す。

 オールディダイニング「ORIGAMI」では、終日イチゴメニューを展開する。ランチタイムは「ストロベリーランチセット」(3,300円)を提供する。セットには前菜に「生ハムと苺(イチゴ)のパイ仕立て マスカルポーネソース 苺の冷製スープとともに」、メインはサラダ感覚の「苺と海老のスパゲッティ カラスミの香り」を用意する。「小さな苺のパフェ」とコーヒーが付く。

 ティータイムは、「苺のフレンチトースト ロール仕立て」と「苺のサンドウイッチ」からメインが選べる「ストロベリートリート」(3,300円)を用意。「ストロベリードリンク」と「ストロベリーティー」も付く。ディナータイムは「ストロベリーディナーコース」(7,500円)を用意する。

 ほかにも、館内の「ザ・キャピトル バー」では、酸味と甘みのバランスが良いという栃木県産の「スカイベリー」を使ったウオツカべースの「スカイベリーフィズ」や、ブランデーベースの「スカイベリーアレクサンダー」(以上2,300円)、シャンパンベースの「スカイベリーロイヤル」(2,500円、価格は全て税抜き、サービス料別途)といった3種類のカクテルを提供する。

 川邊さんは「どの時間帯にご来店いただいても、いろいろなテイストのイチゴメニューを楽しんでいただける。スイーツだけでなく食事とイチゴのコラボレーションもこの機会に味わっていただきたい」と話す。

 ラウンジ「ORIGAMI」の提供時間は10時~21時30分。「ストロベリーパフェ」の提供は11時~。オールディダイニング「ORIGAMI」の提供時間は、ランチ=11時~14時30分、ティータイム=14時30分~17時30分、ディナー=18時~21時30分。3月31日まで。ザ・キャピトル バーの営業時間は16時~23時30分。「スカイベリーフィズ」「スカイベリーアレクサンダー」「スカイベリーロイヤル」の提供期間は1月16日~2月29日まで。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?