3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

赤坂にイタリア郷土料理店「anico」 イタリア中部マルケ州の料理を提供

「ヴィンチスグラッシ マルケのラザニア」

「ヴィンチスグラッシ マルケのラザニア」

  • 3

  •  

 赤坂のイタリア料理店「anico(アニコ)」(港区赤坂6、TEL 03-6230-9172)が、オープンから2カ月を迎えた。

「タリアテッレ『パペラ』鴨のソース」

 昨年10月28日にオープンした同店。イタリア中部にあるマルケ州の郷土料理を提供する。店主は、イタリアのピエモンテ、トスカーナ、マルケで10年間修業をした井関誠さんが務める。

[広告]

 メニューは、「ヴィンチスグラッシ マルケのラザニア」(1,600円)などのラザニアや、「タリアテッレ『パペラ』鴨のソース」(1,500円)などのパスタメニューのほか、「魚介マルケ風グリル」(1,800円)や「ティラミス」(500円)など。アルコールは、井関さん自らが選んだ69種類のワインを用意し、赤ワイン「ドルチェット ドリアン」(1,100円)や白ワイン「ビアンケッロ」(900円)、「オッデーロ バローロ クラシコ」(ボトル=9,300円、価格は全て税別)などをそろえる。

 「オッデーロ バローロ クラシコは、イタリアワインの王様と呼ばれているワイン。店の内装はイタリアにある街のレストランをイメージした。イタリアの雰囲気を味わいながらゆったりと楽しんでもらいたい」と井関さん。「赤坂で働いている方はもちろん、地元に住んでいる方に本場イタリアの味を楽しんでもらいたい。週末はランチ営業をしているので、まずはランチタイムからぜひ利用してほしい」とも。

 営業時間は、平日=17時30分~24時、土曜・日曜・祝日=11時30分~15時、17時30分~23時。日曜定休。

Stay at Home

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?