暮らす・働く

東京ガーデンテラス紀尾井町に次世代型会議体験施設「RICOH PRISM」

「RICOH PRISM」のアプリケーション使う様子

「RICOH PRISM」のアプリケーション使う様子

  • 2

  •  

 東京ガーデンテラス紀尾井町(千代田区紀尾井町)4階の「紀尾井カンファレンス」(TEL 03-3503-6077)に1月4日、新感覚の会議体験を提供する施設がオープンした。運営は「西武リアルティソリューションズ」(豊島区)と「日本コンベンションサービス」(千代田区)。

「RICOH PRISM」を設置した紀尾井カンファレンス

[広告]

 リコーが開発した次世代会議空間「RICOH PRISM(リコー プリズム)」を期間限定で設置し、ウィズコロナ・アフターコロナ時代の次世代型カンファレンスのあり方や顧客への新たな価値提供を検証するための実証実験の場としてサービスを提供する同施設。ビジネス支援でカンファレンスルームの需要拡大も目指す。

 現在利用できるアプリケーションは8種類。「SHIRO」は使用者のデバイス画面を全天球空間に自由に投影できる。「BRAIN WALL」は、完全自動ファシリテーションに従い音声で空間に直接アイデアを入力する新感覚ブレーンストーミング体験ができるという。そのほか、没入空間を活用したアイスブレークを通じて、体験者のチームとしてのコミュニケーション能力診断ができる「PERSONA」などがある。

 パッケージプランは3種類。所要時間1時間の「チームビルディング体験コース」は、アイスブレークやブレーンストーミングを体験して素早く互いのコミュニケーション傾向や思考に理解をサポートする。「チームビルディング実践コース」は3時間で、「チームビルディング体験コース」の内容に加え、自身のパーソナリティーを開示し合い、より深い相互理解をサポートする。ほかにも、3日間程度の時間を要する「新規事業アイデア創発支援コース」も用意する。9時~21時での「時間利用」(1時間=1万6,000円~)も提供する。

 同カンファレンス担当者の小々馬慶太さんは「『RICOH PRISM』は、1~4人で体験することができるが、別の部屋とセットで予約すると、特定の人だけでなく他の部屋にいる人と交代しながら使用するといった利用も可能。活用としては『チームのコミュニケーションを活性化したい』『たくさんの情報をチームメンバーで同時に共有しながら作業したい』『会議や研修、イベントと組み合わせてチームビルディングを行いたい』『いつもと違うコワーキングスペースとして使いたい』などのシーンでお使いいただくのがお薦め」と話す。

 営業時間は9時~21時。事前予約制。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース