食べる

赤坂サカスにカフェ&バル「kings cafe」 ハンバーガーには自家製サワークリーム

あらびきの自家製パティを使う「キングスバーガー」

あらびきの自家製パティを使う「キングスバーガー」

  • 2

  •  

 赤坂Bizタワーにカフェ「kings cafe 赤坂サカス店」(港区赤坂5、TEL03-6277-8238)がオープンから2カ月がたった。

「トリュフカルボナーラ」

 2020年12月1日にオープンした同店。中目黒にある「kings cafe」の2号店として出店した。席数は14席。「低コストで高品質なもの」をコンセプトに、フレンチイタリアンレストランで副料理長を務めたシェフが考案したハンバーガーをメインに、パスタや創作料理を提供する「カフェ&バル」として営業する。

[広告]

 フードメニューは、あらびきの自家製パティとレタスやトマトを挟んだ「キングスバーガー」(880円)、「アボカドキングスバーガー」(990円)、岩手県産ブランド肉で熟成肉の「格之進」を使った「格之進バーガー」(1,650円)などを用意する。チーズやトマトなどのトッピング(100円~)も用意する。「トリュフカルボナーラ」(1,430円)、「明太子(めんたいこ)スパ」(990円)などのパスタメニュー、「牡蠣味噌(かきみそ)オーブン焼き」(770円)、「格之進熟成肉を使ったハンバーグ(150グラム)」(1,870円)などもそろえる。

 ドリンクは、コスタコーヒーの「オリジナルブレンドコーヒー」(385円)、「フラットホワイト」(440円)のほか、「ハートランド瓶」「自家製レモンチェロ」(以上550円)などアルコールもそろえる。ハンバーガーと一部メニューはテークアウトにも対応する。

 広報事業部スタッフの堅田真実さんは「当店のバンズは、北海道産の小麦粉と愛知県産の全粒粉をブレンドし、天然酵母の風味が楽しめる植物性原料だけで作った物を使っている。将来的にビーガンバーガーの開発を考えており、その第一歩として採用した。テークアウトでもおいしいものを届けたいとの思いから『冷めてもおいしい』を目指している。全てのハンバーガーに入れている自家製サワークリームの効果で、ハンバーガーの肉々しさが最終的にはサッパリと食べられるだけでなく、温度での味の変化が起こりにくいという特徴もあり、常に一定のおいしさを提供できるのもポイント」と話す。

 現在の営業時間は11時~20時。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース