食べる 買う

赤坂の「マドラスカレー」がオリジナルカツカレーサンド テイクアウトのみで販売

テイクアウト専門メニューの「カツカレーサンド」

テイクアウト専門メニューの「カツカレーサンド」

  •  
  •  

 俳優の北村一輝さんがオーナーを務める赤坂のカレー店「大阪マドラスカレー」(港区赤坂3、TEL 03-6230-9099)が、今月から「カツカレーサンド」の提供を始めた。

同店で提供する「大阪マドラスカレー」

 4月にオープンした同店。扱うカレーは「大阪マドラスカレー」(700円~)1種類のみで、30種類のスパイスと4種類のフルーツを1週間煮込んで作り、フルーティーな甘さと後から感じられる辛味が特徴という。

[広告]

 同店は今月からオリジナルの「カツカレーサンド」(500円)の提供を始めた。店長の南貴之さんは、「カツがやわらかく、福神漬けを刻んで中に入れており、隠し味としてからしマヨネーズも入れている」と説明する。

 「からしの爽やかさが一番の特徴。カレーを使ったさまざまなメニューを開発する中で試行錯誤し、カツサンドを販売するに至った。テイクアウトのみだが出前も受け付ける」と南さん。「カレースティックやカレートルティーヤもテイクアウト限定で扱うほか、オードブルも受け付けているので、オフィスでパーティーを開くなどの際はぜひ利用してほしい」とも。

 営業時間は11時~22時(土曜・日曜・祝日は20時30分まで)。

  • はてなブックマークに追加

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?