食べる

赤坂のチョコレート専門店で葉巻のようなチョコレート 客の要望に応え再販へ

「焦がし葉巻ショコラ ピーテッド」を紹介する店主の江沢孝太朗さん

「焦がし葉巻ショコラ ピーテッド」を紹介する店主の江沢孝太朗さん

  •  
  •  

 葉巻を模したチョコレートを8月10日、赤坂のチョコレート専門店「MAMANO(ママノ)」(港区赤坂3、TEL03-6441-2744)が再販する。

韃靼そばを練り込んだ「焦がし葉巻ショコラ ピーテッド」

 カカオの希少種「アリバ・カカオ」専門のフェア・トレードチョコレートを提供する同店。再販する「焦がし葉巻ショコラ ピーテッド」(1,080円)は、父の日向けに考案された商品。

[広告]

 店主の江沢孝太朗さんは「当初は父の日限定で販売を考えていが、店頭とインターネットで販売を開始するとすぐに売り切れしまった。特にインターネットでは販売開始から40分で100個が完売したこともあった。販売終了後も問い合わせが多かったので、再販を決めた」と話す。

 葉巻をイメージして開発した大人向けの同商品は、再販にあたり改良を加えたという。チョコレートには北海道産の韃靼(だったん)そばの実を細かく砕いて焙煎したものを、スコットランド産のピートを使いスモークしバランスよく練り込んだ。成形したチョコレートに焼き目を付け、ウイスキーの熟成に使った樽を砕いたチップを使いスモークすることでよりスモーキな香りが楽しめる商品に仕上げた。

 江沢さんは「ピートでスモークすることで、葉巻を吸った時に舌に感じられるピリピリとした痺れを感じられるようにした。改良前は大麦をチョコレートに練り込んでいたが、韃靼そばに変えたことでより親しみやすい商品になった」と話す。

 「口の中で2~3回軽く噛んだら、チョコレートが溶けるのをまってもらえるとチョコレートをスモークした際の焦がした香りをより感じてもらえる。1日の締めくくりにウイスキーのロックをご用意いただき、ゆっくりと味わっていただくのがおすすめ」とも。

 営業時間は月曜~木曜=12時~22時(金曜=23時)、土曜・日曜・祝日=11時~20時。

  • はてなブックマークに追加

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?