食べる 買う

ザ・キャピトルホテル 東急がエイプリルフールやイースターのスイーツを販売

エイプリルフールに合わせて用意する魚型のケーキ「ポワソン・ダブリル」

エイプリルフールに合わせて用意する魚型のケーキ「ポワソン・ダブリル」

  •  
  •  

 春のイベント向けスイーツの予約を現在、ザ・キャピトルホテル 東急(千代田区永田町2、TEL 03-3503-0208)のペストリーブティック「ORIGAMI」が受け付けている。

いろいろなバリエーションを取り揃える「イースターエッグショコラ」

 4月1日から7日間限定で販売する「ポワソン・ダブリル」(3,024円)は、縦約15センチ×横約18センチの大きさで、エイプリルフールに楽しむ魚型のケーキ。フランス語で「4月の魚」を意味し、ヨーロッパではこの日に子どもたちが魚の絵を描いた紙を誰かの背中にこっそりと貼り付けるいたずらをしたり、魚の形のパイやチョコレートを食べる習慣があるという。

[広告]

 土台となるパイ生地には国産バターやフランス産の小麦を使い、軽やかな食感とコクのある味わいに焼き上げた。パイの上にはピスタチオとアーモンドのクリーム、ラズベリージャム、カスタードクリームを重ねウロコに見立てたイチゴを飾る。

 イースター向けスイーツの「イースターエッグショコラ」(2,376円)は、イースターエッグをモチーフにウサギ、ヒヨコ、ウシ、イノシシ、ネズミの5種類をラインアップした。高さ約10センチ×幅約7センチの大きさで、ホワイトチョコレートを使い表情豊かに仕上げる。胴体の中にはキャラメリゼしたマカダミアナッツとヘーゼルナッツのチョコレートを入れた。

 「イースターエッグクッキー」(540円)は縦約9センチ×横約6.5センチで、バニラ風味がほのかに香るクッキー。粉末状にしたバニラビーンズやアーモンド、発酵バターを使いコクのある生地に焼き上げた。表面のイラストは春らしいポップな絵柄を専用の機械で転写し、鮮やかな色合いと光沢のある商品に仕上げる。

 同ホテル広報担当の柴田恵里さんは「『イースター』を子どもたちのお祭りと捉え大人から子どもまで幅広い世代にお楽しみいただけるラインアップにした。生き生きとした動きのあるデザインで表現した『イースターエッグショコラ』の動物たちが、『イースターエッグクッキー』に描かれた世界に迷い込んだような統一感のある世界観を演出している。一つ一つの商品からさわやかな春を感じていただきたい」と話す。

 営業時間は平日11時~20時(土曜・日曜・祝日は18時まで)。「ポワソン・ダブリル」は2日前までに要予約。4月7日まで。「イースターエッグショコラ」と「イースターエッグクッキー」は4月21日まで。なくなり次第終了。

  • はてなブックマークに追加

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?