見る・遊ぶ 学ぶ・知る

赤坂経済新聞が10周年イベント 赤坂VS六本木、「港区最強の街」の軍配は?

赤坂についてプレゼンする田代デスク

赤坂についてプレゼンする田代デスク

  •  

 赤坂経済新聞10周年記念イベント「赤坂VS六本木 港区最強の街はどっちだ!決定戦」が11月5日、「Bar Coredo イベントスペース」(港区赤坂9、TEL 03-6434-7808)で行われた。

(左から)審査員を務めた東京カレンダー編集長の日紫喜さん、芸者の赤坂さん、初代バチェラージャパン久保さん

 赤坂経済新聞編集部初の主催企画となった同イベント。隣接する六本木経済新聞編集部と対決し、5つのテーマに沿ってそれぞれの街をプレゼンした。プレゼンターとして、赤坂からは田代くるみデスク、六本木からは星野露華編集長が登壇。審査員は、初代バチェラージャパン久保裕丈さん、芸者の赤坂さつきさん、東京カレンダー編集長の日紫喜さんの3人が務めた。エキシビションとして、ソニーミュージックと東京カレンダーの共同プロジェクト「西麻布大学」の第1期生である「Blue Hairs」がミニライブを行い、会場を盛り上げた。

[広告]

 当日は40人が来場し、対決を見守った。「港区おじさんもニンマリ!どんなにお怒りの人も一瞬で許してくれる手みやげ部門」では、赤坂からは「とらや」、六本木からは「ルワンジュ東京」を紹介。久保さん、赤坂さつきさんは赤坂に、日紫喜さんは六本木に投票。ほかにも、編集部がお薦めするデートスポットなどを紹介し、総合評価の結果、「港区最強の街」は赤坂に軍配が上がった。

 結果の決め手として、赤坂さつきさんは「自分が働いている赤坂の知らない部分が知れた」とコメント。日紫喜さんは「両者興味深いプレゼンテーションだったが、赤坂については多くの発見があった」、久保さんは「今回は『伝統の赤坂』対『革新の六本木』という構図が出来上がっていたと感じた。今回のイベントを通して赤坂に根付いている『伝統』という街の側面にもこれから触れてみたいと思った」と話した。

 田代デスクは「10年間、毎日ハッピーニュースを配信してきた。これからも六本木に負けないように赤坂の楽しい話題を届けたい」と意気込みを新たにする。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?