食べる

赤坂の和食ビストロが「フェイクミート」使った新メニュー 大豆を使い鶏肉のような食感に

同店で提供する「フェイクミートバーガー」

同店で提供する「フェイクミートバーガー」

  •  
  •  

 赤坂の和食ビストロ「日本酒にするか、ワインにするか。」(港区赤坂3、TEL03-5114-5092)が、「フェイクミート」を使用した新商品を6月18日から販売している。

「フェイクミートとトマトとアボカドのサラダトルティーヤ」

 宮城・広島・北海道から取り寄せた新鮮な牡蠣などを使用した創作料理と、それらに合う日本酒とワインを50種類以上用意する同店。

[広告]

 今回提供する、大豆でできたフェイクミートを使った新メニューは、フェイクミートと野菜に豆乳と蜂蜜で作ったソースをかける「フェイクミートバーガー」(680円)と、ジンジャーソースがかかった「フェイクミートとトマトとアボカドのサラダトルティーヤ」(580円)の2種類。「フェイクミートバーガー」は、バンズを卵が含まれていないものに変更することもできる。

 同店の「フェイクミートバーガー」を食べた20代の女性は「フェイクミートだと言われずに食べたら気がつかないと思う。鶏肉のような食感で満足感があるし、お酒にも合う。健康を意識している人やベジタリアンに人気が出そう」と話した。

 営業時間は16時~翌5時。

  • はてなブックマークに追加

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?