見る・遊ぶ

東京ガーデンテラス紀尾井町でプロジェクションマッピング「KIOI浮世絵テラス」開催

壁面マッピング(イメージ画像)

壁面マッピング(イメージ画像)

  •  

 東京ガーデンテラス紀尾井町(千代田区紀尾井町1)で8月8日から、プロジェクションマッピング「KIOI浮世絵テラス」を開催する。主催は麹町通り商店会。

「DEENEY‘Sトースティー」のハギスを挟んだ「マクベス」

 会場となる紀尾井テラス1階「花の広場」の壁面には、浮世絵師が見つめた風景「赤坂・紀尾井町の今昔」を音楽とともに投影する。同プログラムでは、葛飾北斎や歌川広重が描いた千代田区周辺の浮世絵を、紀尾井町に縁のある江戸の風景としてプロジェクションマッピングで表現し、同町の今昔を巡りながらタイムトラベルしているような体験を演出する。ほかにも、同会場内の噴水では鯉が泳いでる様子など、涼しげな映像を水面に投影する「涼める浮夜絵」を行う。

[広告]

 会場にはキッチンカーが日替わりで3~4店舗出店する。「DEENEY‘Sトースティー」では、ハギスを挟んだホットサンド「マクベス」(800円)、アイスの「SIAM CHANG」は、「八ヶ岳ミルク」「ストロベリーミルク」(500円~)などを用意する。クラフトビールの「TOKYO BEER PORTER」では、「樽生クラフトビール」(700円~)、「アルゴンカレー」は「桜エビパクチーチキンカレー」(800円)などを提供。米粉を使ったクレープの「The light cafe」も出店する。

 ほかにも、同施設内の「テラスの小道」と、「紀尾井プラザ」には約240個の風鈴を飾り、夏らしい雰囲気を楽しむことができる。

 西武プロパティーズ賃貸事業部ビル運営担当の今野朋廣さんは「以前よりプロジェクションマッピングの開催について検討してきたが、ナイトタイムエコノミーやナイトプールといった『夜のコト消費』が注目を集めていることから、当施設においてもお客さまに喜んでいただけるのではと思い、開催に至った。この機会にぜひ足を運んでほしい」と話す。

 投影時間は、19時~22時。「赤坂・紀尾井町の今昔」の投影とケータリングカーの出店は8月10日まで。「涼める浮夜絵」と「風鈴」は8月31日まで。入場無料。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?