食べる

赤坂に日本酒ダイニング「Sakeba」 オリジナルラベルで提供する酒も

オリジナルラベルの「酒を売る犬 酒を造る猫~修行編~」

オリジナルラベルの「酒を売る犬 酒を造る猫~修行編~」

  •  

 赤坂に日本酒ダイニング「Sakeba」(港区赤坂2、TEL03-6277-8477)が3月12日、オープンした。

スポンジに日本酒を使った「手作り日本酒ティラミス」

 渋谷店に次ぐ2号店としてオープンした同店。全国各地の蔵元から直接取り寄せた約20種類の日本酒と、季節ごとに変わる限定の日本酒約10種類を常時取り揃える。日本酒は米本来のうまみが出るという「純米酒」を選び、それぞれの蔵元が持つコンセプトを表現したオリジナルのユニークな名前やラベルを付けて提供。ドライでキレのある飲み口だという「酒を売る犬 酒を造る猫~修行編~」(560円)や、甘味と苦味が程よく交わっているという「酒くらい甘くたっていいじゃない。」(500円)などを用意する。

[広告]

 料理やスイーツも日本酒に合うものを提供する。メニューは、千葉県の蔵元で醸造した特選出汁しょう油で和えた「山芋わさび特選醤油和え」(480円)、日本酒を使って作る「6時間煮込んだ牛すじ煮込み」(880円)や、スポンジに熟成古酒を使った「手作り日本酒ティラミス」(680円)などを用意する。

 広報担当の小紙宇意さんは「誰もが知っているような銘柄でなく、まだ広く知られていない、その地域で愛されているような地酒を取り揃えている。『利き酒師』の資格を持つスタッフが自信を持って紹介するので、あまり詳しくないという方にもぜひ来ていただきたい」と呼びかける。

 営業時間は、平日・土曜17時~23時半。日曜・祝日定休。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?