食べる

アークヒルズで「ストロベリーフェスティバル」 珍しい品種のイチゴも販売

練馬区の「加藤農園」では希少品種のイチゴも販売する

練馬区の「加藤農園」では希少品種のイチゴも販売する

  •  

 アークヒルズ(港区赤坂1)のアーク・カラヤン広場で4月7日、「ストロベリーフェスティバル in ヒルズマルシェ」が開催される。

キッチンカーの「サニーズ」では「いちごクリームクレープ」を販売する

 同所では毎週火曜日と土曜日に定期的に「ヒルズマルシェ」を開催しており、今年度からは旬の食材をより身近に感じ体験できる場として内容を充実させる。今回は、旬のイチゴをテーマに採れたてのイチゴを販売するほか、苗やスイーツなども揃える。さまざまな種類を食べ比べできるイベントなども実施する。

[広告]

 出店を予定する練馬区の「加藤農園」は、甘みと酸味が楽しめる「紅ほっぺ」や、希少品種の「章姫」を販売。「いばらき市」では、茨城県のオリジナル品種「いばらキッス」など珍しいイチゴを並べる。ほかにも、ノンシュガー・ノンフライ・無添加にこだわりドライフルーツ製造している「Sonomama FRUIT」は、「いちごのドライフルーツ」を販売予定。「ル・ジャルダン・ゴロワ」では「いちごのタルト」などを用意する。

 当日は日本各地のイチゴ8種類を食べ比べできる「利きいちご~日本全国8種類のいちごの食べ比べ~」(1,000円)を開催する。定員は30人で先着順。

 会場の一角には、キッチンカーが4台出店する。「サニーズ」は「いちごクリームクレープ」(400円~)、「旬のだいどころ」は「いちごのムース」(350円)、「Gouppys Cafe」は「いちごのケーキ」(400円)など、ここでしか味わえないスイーツを用意する。

 同ヒルズ内のレストランやカフェ4店舗では、マルシェで販売するイチゴを使ったメニューを提供。「アークヒルズカフェ」では「苺づくしのワッフルコーンパフェ」(600円)、「オーバカナル」では「フレジエ」(900円)、「Bubby's New York ARK Hills」では「STRAWBERRY RHUBABB PIE」(700円)、「ディーン&デルーカ」では「フレッシュストロベリージュース」(561円)を用意する。

 森ビルタウンマネジメント事業部アークヒルズPR担当の山﨑正樹さんは「グルメからワークショップまで、さまざまなイベントをご用意した。同日には春の花々を販売する『フルールマルシェ』や、『ルーフガーデン』の特別公開も行うので、ぜひお越しいいたきたい」と話す。

 開催時間は10時~14時。入場無料。アークヒルズ内のレストランとカフェでは店舗により提供期間が異なる。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?