食べる

「とらや 赤坂店」の限定ようかん「千里の風」が復活 赤坂地区のみ期間限定で販売

赤坂地区のみ期間限定で販売する特製ようかん「千里の風」中形サイズ

赤坂地区のみ期間限定で販売する特製ようかん「千里の風」中形サイズ

  •  

 赤坂の老舗和菓子店「とらや」の「とらや 東急プラザ赤坂店」(千代田区永田町2、TEL 03-6457-9784)が現在、休業中の「とらや 赤坂店」限定で取り扱っていた特製ようかん「千里の風」を販売している。

現在建て替え中の「虎屋本社ビル」

 期間限定で販売する特製ようかん「千里の風」(中形サイズ=1,944円、竹皮包=3,888円)は、現在本社ビル建て替えのために一時休業している「とらや 赤坂店」限定で販売されていた商品。休業前には多くの客で賑わいをみせ、最終営業日の2015年10月7日には、暖簾(のれん)を下げる瞬間に立ちあおうと詰めかけた人たちからは拍手が鳴りやまなかった。赤坂店は2018年秋のリニューアルオープンに向け、建て替えが進んでいる。

[広告]

 広報担当の奥野容子さんは「赤坂店閉店後も、お客さまから『千里の風』を購入したいという問い合わせを多くいただいていた。その声にこたえる形で『東急プラザ赤坂店』と『元赤坂一丁目店』でお中元とお歳暮の時期のみ、特別に販売することにした」と話す。

 同ようかんは、黄と黒の虎斑(とらふ)模様が、勇猛果敢に風を切って走る虎の躍動感を表現したもの。白餡(あん)でつくった黄色のようかんと、こし餡を使った黒色のようかんを職人が手作業で金枠に流し込み、虎斑模様を描くため、1本ずつ異なる模様に仕上がる。

 「虎は『1日に千里往って千里還る』と言われており、当社の暖簾にも朱印で「千里起風」と入っているが、これは虎が勇猛果敢に風を切って走る様子を当社の商売になぞらえたのではないかといわれている。『千里の風』からは、そんな勢いのある虎の躍動感を感じて頂けたら」と奥野さん。「現在販売中の新年の宮中歌会始のお題と、干支にちなんだ菓子と合わせて、帰省の手土産や、新年の挨拶などに利用いただきたい」とも。

 東急プラザ赤坂店、元赤坂一丁目店で取り扱う。東急プラザ赤坂店の営業時間は10時~19時(土曜・日曜・祝日は17時30分まで)。元赤坂一丁目店の営業時間は9時~18時。1月上旬まで。無くなり次第終了。 

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?