食べる

「ランチパスポート赤坂版」第4弾発売 2,000円のランチが半額になる「プレミアムランチ特集」も

赤坂 逸才の「極・逸才定食」(定価2,000円)は1,000円で提供

赤坂 逸才の「極・逸才定食」(定価2,000円)は1,000円で提供

  • 0

  •  

 「ランチパスポート赤坂版Vol.4」が8月17日に発売された。発行元はウィルメディア(港区)。

「奇跡の卵」を使った、北の旬菜 茶茶の「ホワイトオムライス」

 参加店舗へ持参すると、通常700円以上のランチメニューが500円で食べられる同書籍。「赤坂版」は昨年10月に初めて刊行され、以後は新刊発売のたびに、同書を持ってランチタイムに店に並ぶサラリーマンやOLの姿が多くみられるようになった。

[広告]

 今回は、赤坂・赤坂見附・溜池山王・六本木などの飲食店85店舗が参加。WANG'S GARDEN 赤坂見附店の「よだれ鶏&点心セット」(定価980円)、北の旬菜 茶茶の「ホワイトオムライスorチキンカツカレー」(定価800円~900円)などのメニューを500円で提供するほか、同書持参で1,500円以上のメニューが1,000円になる「プレミアムランチ特集」では、カマスの一夜干しや燻製3種盛りをメーンとした赤坂 逸才の「極・逸才定食」(定価2,000円)などを掲載する。

 「今年度から赤坂に勤務するようになった方など、新たな読者からは『ランチが楽しみになった』『お店の雰囲気やスタッフの対応が良ければ、夜も行ってみたくなる』などの感想をよくいただく」と同社担当の巽太陽さん。

 「赤坂Vol.4は、これまで要望の多かった六本木エリアに大幅に新店を加えてパワーアップしている。8月から食欲の秋にかけて、スタミナのつく料理も多数掲載しているので、書店でぜひ手にとってほしい」とも。

 価格は1,000円。1店舗につき3回まで利用可能で、1冊につき1人まで有効。有効期限は11月16日まで。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?