見る・遊ぶ 暮らす・働く

アイドルグループ「TeamAKASAKA」がメジャーデビュー 1stシングルを発売

左から高久歩乃佳さん、宮澤美琴さん、佐藤亜沙美さん

左から高久歩乃佳さん、宮澤美琴さん、佐藤亜沙美さん

  • 6

  •  

 赤坂エリアを拠点に活動してきたアイドルグループ「TeamAKASAKA(チーム赤坂)」が1月20日、シングル「PARADOX」を発売しメジャーデビューした。

リーダーの宮澤美琴さん

 2018(平成30)年10月に発足した同グループ。リーダーの宮澤美琴さん(みこっちゃん)、佐藤亜沙美さん(あさみん)、高久歩乃佳さん(ほのほの)の3人で構成する。インディーズ活動としてこれまで、都内を中心に年間300本ほどのライブ活動を行い、AbemaTVの番組「はらじゅく学園」などにも出演してきた。

[広告]

 同シングルにはタイトル曲である「PARADOX」のほか、「すてっぷ♪」「ふにふわ」に加え、それぞれの「カラオケ」を入れた6曲を収録する。「PARADOX」はメンバーの高久さんが初めて作詞を担当し、宮澤さんがダンスの振り付けを担当した。

 「PARADOX」について宮澤さんは「それぞれのメンバーの良いところが最大限に引き出された曲。誰もが簡単に真似できるような振り付けにした」と説明する。「チーム赤坂は3人がまったく違う個性を持っているが、自分たちらしさがにじみ出ているのでぜひ注目してほしい」と佐藤さん。高久さんは「どんな人もこの曲を聞いて『明日はいつもと違うことをやってみよう』と思える、希望の曲に仕上がった」とコメントした。

 メジャーデビューについて高久さんは「もともとアイドルの仕事をしようとしていたわけではなかったが、活動を続けてきてようやく周りの人たちに今の仕事について胸を張って言えるようになった」と話す。「2年前にチーム赤坂としてアイドル活動を始めて、ようやくスタートラインに立てた」と佐藤さん。宮澤さんは「これまで応援してくださった人たちに『メジャーデビュー』という一つの結果を出せた。チーム赤坂は何色にも染まれるし、何色にも染まらない独自性があり、これからの活動にもぜひ注目していただきたい」と語る。

 価格は1,000円(税別)。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?