食べる

ANAインターコンチに新作アフタヌーンティー 秋冬期間限定で2種類

「シャンパン・バー」で提供する新作の「クリスマス・アフタヌーンティーセット」

「シャンパン・バー」で提供する新作の「クリスマス・アフタヌーンティーセット」

  • 2

  •  

 クリスマス向けアフタヌーンティーの提供を11月7日、ANAインターコンチネンタルホテル東京(港区赤坂1、TEL 03-3505-1111)内の「シャンパン・バー」が始める。

11月1日から提供を始めた新作の「ルビーチョコレート・アフタヌーンティーセット」

 期間限定で提供する新作の「クリスマス・アフタヌーンティーセット」(4,900円)のラインアップは17種類。プチガトーは、サンタクロースの体をイメージした「ストロベリームース」や、キャンドルに見立てた「レアチーズケーキ」など、13種類を用意。セイボリーは「オマールエビとパンケーキ レモンクリームチーズ」「黒トリュフのラビオリフリット スモークダック」など4種類を提供する。

[広告]

 ドリンクは、コーヒーやフレーバーティーなど16種類がフリードリンクとなる。「グラスシャンパン」(1,500円~)や、「シャンパン・ワイン・ビールのフリーフロープラン」(3,000円)も提供する。

 ほかにも、同ホテル2階の「アトリウムラウンジ」では11月1日、全てのメニューにルビーチョコレートを使った新作「ルビーチョコレート・アフタヌーンティーセット」(4,900円)の提供を始めた。プチガトーは「ルビーチョコレートとラズベリーレミントン」や「ルビーチョコレートとピスタチオのタルト」など12種類を用意。セイボリーは「ポップコーンシュリンプバーガー」「オマールエビのコンソメゼリー カリフラワームース」など3種類を盛り込む。予約制でルビーチョコレートのペイントを施した「ルビーチョコレート・アフタヌーンティーセット (プレートデコレーション付)」(5,500円、以上税別)も提供する。ドリンクは、コーヒーやハーブティーなど23種類がフリードリンクとなる。

 新型コロナウイルス感染拡大防止策として、「アトリウムラウンジ」「シャンパン・バー」では、ソーシャルディスタンスを確保するため、通常より席数を減らして営業するほか、全従業員がマスクを着用し、定期的な手洗いとアルコール消毒を行うなどさまざまな対策を取る。

 同ホテル広報担当の山下沙耶佳さんは「今年の秋冬は2種類の異なるアフタヌーンティーがお楽しみいただけるよう企画した。カラフルでかわいらしい形のプチガトーが並んだ『クリスマス・アフタヌーンティーセット』は、カップルやお仲間同士でクリスマスムードを楽しんでいただくのにぴったり。『シャンパン・バー』ならではのメニューとして、シャンパンと合わせてお楽しみいただきたい」と話す。

 「アトリウムラウンジの『ルビーチョコレート・アフタヌーンティーセット』は、エレガントな雰囲気でルビーチョコレートの鮮やかなピンク色が見た目にも華やか。オプションのルビーチョコレートペイントを付けると、よりいっそう華やかなので、撮影を楽しみたい方にお薦め」とも。

 「クリスマス・アフタヌーンティーセット」の提供日は土曜・日曜・祝日・12月24日、25日。提供時間は11時30分~18時30分。2時間制。12月25日まで。「ルビーチョコレート・アフタヌーンティーセット」の提供時間は11時~18時。2時間制。「ルビーチョコレート・アフタヌーンティーセット (プレートデコレーション付)」の予約は前日の18時まで。12月27日まで。サービス料別途。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース