見る・遊ぶ

アークヒルズで「ARK Hills Music Week 2020」 無料のライブビューイングも

(左)ピアニストの辻井伸行さんと(右)バイオリニストの三浦文彰さん(C)Yuji Hori

(左)ピアニストの辻井伸行さんと(右)バイオリニストの三浦文彰さん(C)Yuji Hori

  • 7

  •  

 「ARK Hills Music Week 2020」が10月2日、アークヒルズ(港区赤坂1)で始まる。

過去に開催したライブビューイングの様子

 森ビルとサントリーホールが2011(平成23)年に音楽をより身近に楽しんでもらうことを目的に始めた同イベント。新型コロナウイルスの影響で音楽の楽しみ方が変化する中、今年は十分な感染防止対策を行い、同施設を中心に近隣の美術館や科学館などの周辺施設と連携を図り「音楽がであう。音楽にであう。」をコンセプトに9施設で約26公演を実施。コンサートの動画配信なども行う。

[広告]

 初日となる2日からの3日間、アーク・カラヤン広場では「ARKクラシックス スペシャル・ライブ・ビューイング」を開催する。ピアニストの辻井伸行さんとバイオリニストの三浦文彰さんをアーティスティック・リーダーに、ソロや室内楽、オーケストラまで、サントリーホールで開催される「サントリーホール ARKクラシックス」の模様を全8公演すべて上映する。そのうち4公演は、会場内のステージで生演奏ライブを行う。同公演では、新型コロナウイルス感染拡大防止策として観客席を160席に制限し、席の一部は事前予約制を導入。各回とも観客の入れ替えを行うため、入り口と出口を設け、人の流れを一方通行にして人との交錯や混雑を回避するなど、さまざまな対策を行う。

 5日と9日は、港区立みなと科学館のプラネタリウムホールで「みなと科学館 秋の夜の星空コンサート」を開催。10日は、アーク・カラヤン広場でハーモニカプレイヤーの千賀太郎さんとギターの有馬隼人さんがパフォーマンスを披露するなど、さまざまな企画を行う。最終日となる11日には、「フィナーレ スペシャルコンサート」も開催する。

 期間中は、対象の飲食店やコンサートなどをめぐり、応募者の中から抽選で景品が当たる非接触のデジタルスタンプラリー「music Walk!」も開催する。

 森ビル・タウンマネジメント事業部の沢登悠輝さんは「『ARK Hills Music Week』は、今年で10回目を迎える。上質な音楽を街のさまざまな場所で身近に楽しんでいただけるよう、近隣の企業や美術館、大使館など、参加施設を増やしながら少しずつ成長してきた。今年は環境が一変した中で迎えるが、このような時だからこそ協力してくれる関係者の皆さまやお客さんとともに感染予防に配慮しながら、街の中で音楽を一緒に楽しむ機会にしたいと思っている」と話す。

 開催時間はイベントごとに異なる。一部のイベントは有料。「みなと科学館 秋の夜の星空コンサート」は要予約。アーク・カラヤン広場でのイベントは、雨天決行。荒天中止。入場無料。10月11日まで。

Stay at Home

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?