見る・遊ぶ

赤坂の「Kaisu」でブルーをテーマにした作品展 ブルーインパルスに着想

(画像左から)アーティストの蒼山隆之さんとフォト&ライターの大金歩美さん

(画像左から)アーティストの蒼山隆之さんとフォト&ライターの大金歩美さん

  • 197

  •  

ブルーをテーマにした作品展「空を、仰ぐ。SORA WO AOGU」が現在、ホステル「Kaisu」(港区赤坂6、TEL 03-5797-7711)内のアートラウンジで行われている。

同ホステル外観

 2015(平成27)年にオープンした同ホステル。2階は宿泊スペース、1階は宿泊客以外も利用できるカフェバーラウンジを設ける。かつては料亭があったという敷地には、リノベーションの際に残したという庭や照明があり、落ち着いた空間を演出する。定期的に国内外のアーティストの作品を展示するほか、アーティストの展示がない日は、世界中のアート展へも足を延ばす店主が選んだ作品を展示する。

[広告]

 今回は、フォト&ライターの大金歩美さん、アーティストの蒼山隆之さんによるブルーインパルスの写真作品からインスピレーションを受けた、ブルーペインティング作品とのコラボレーション展となる。2020年5月に都内で行われた、ブルーインパルスの医療従事者への感謝フライトから今回の作品展の構想が生まれたという。作品はブルーインパルスの都内フライト時に東京駅で撮影した写真を含め、これまで全国各地で撮り収めてきた大金さんの写真作品と、蒼山さんの青の世界を表現した作品を展示する。写真作品が7点、ペインティング作品が7点の計14点を交互に展示する予定。

 大金さんは「この半年、世の中が大きく変化し暗いニュースも多かったが、少しでも空を見上げることで明るい前向きな気持ちになれることを願っている。会場を後にした皆さんの気分が、ちょっぴり晴れやかになっていればうれしい。格好いい航空写真とは一味違う、柔らかい雰囲気の作品を楽しんでいただければ」と話す。蒼山さんは「ブルーやブルーインパルスが好きな方にはもちろんのこと、空間が素晴らしいのでくつろいでいただきたい。写真と絵の両方を見比べるなど、いろいろな鑑賞方法を楽しんでもらえたらうれしい。多くの時間、在廊予定のためぜひお話しできれば」と話す。

 現在の営業時間は11時~18時。10月2日まで。

Stay at Home

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?