3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

6月16日は「和菓子の日」 とらやが厄除招福願う菓子を販売

「和菓子の日」にちなんだ「嘉祥蒸ようかん」

「和菓子の日」にちなんだ「嘉祥蒸ようかん」

  •  
  •  

 「和菓子の日」にちなんだ商品を6月10日、赤坂の老舗和菓子店「とらや 赤坂店」(港区赤坂4、TEL 03-3408-2331)が発売する。

季節のようかん「新茶の雫」

 「和菓子の日」は、1979(昭和54)年に全国和菓子協会が制定。ルーツは、かつて6月16日に菓子を食べ厄よけと招福を願った「嘉祥(かじょう)」という行事にあり、江戸時代には宮中や幕府でも重要な儀式とされた。過去には江戸城の大広間に2万個を超える菓子を並べ、将軍が大名・旗本へ下賜(かし)したこともあったとされる。

[広告]

 販売する「嘉祥蒸ようかん」(2,160円)は、嘉祥の行事で江戸城大広間に並べられた菓子の一つを再現した商品。夏負けを防ぐ効果があるとされる黒砂糖を加えて仕上げた。ほかにも、同店では季節のようかん「新茶の雫(しずく)」(1,944円)も販売する。静岡産の煎茶を使った新茶の風味が特長。2層から成り、茶畑をイメージしたという下の層には粗めにひいた新茶の粉末を使い、空を表現する上の層には細かい粉末を使う。

 とらや広報担当の黒川さゆりさんは「和菓子に欠かせない小豆は、赤い色が災いや病を退けるともいわれている。今年は厄除招福を願い、ぜひ和菓子を召し上がってほしい」と話す。

 6月の営業時間は10時~18時。日曜定休。「嘉祥蒸ようかん」は6月16日まで。「新茶の雫」は6月中旬まで。無くなり次第終了。変更はホームページで随時更新する。

Stay at Home

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?