食べる

赤坂の「ザ パブリック レッド アカサカ」がテークアウト開始 ステーキなど提供

「USリブアイロールグリルステーキ 淡路島玉ねぎソース」

「USリブアイロールグリルステーキ 淡路島玉ねぎソース」

  • 8

  •  

 赤坂のガストロパブ&スポーツバー「ザ パブリック レッド アカサカ」(港区赤坂3、TEL 03-5545-3953)が現在、テークアウトメニューを販売している。

「ローストスモークチキンとグリルドシーザーサラダのプレート(バターバケット付)」

 2017(平成29)年10月にオープンした同店。「国産食材にこだわったジャパニーズスタイルのパブフード」をコンセプトに、ステーキなどの肉料理のほか、サラダやフィッシュアンドチップスなどアラカルトを提供する。現在、新型コロナウイルス対策として、営業時間の短縮、店頭のアルコール設置、従業員のマスク着用などを行っている。5月7日からテークアウト販売も始めた。

[広告]

 テークアウトメニューは、リブロースの外側のやや硬い部分を切り落とし、サシが入って柔らかな肉質が特長という芯の部分を使った「USリブアイロールグリルステーキ 淡路島玉ねぎソース」(1,000円)など。グリルしたロメインレタスと鶏肉を使った「ローストスモークチキンとグリルドシーザーサラダのプレート(バターバケット付き)」(1,000円)や家で仕上げる真空パックのキットで提供する「大山鶏の瀬戸内れもんクリーム煮」(750円、以上価格は全て税別)なども用意する。

 店長の岩本友里江さんは「初めてテークアウト販売に挑戦する。当店の人気のメニューを自宅で楽しんでいただけるよう試行錯誤した内容となっている。ラインアップは食卓のメインに並ぶ料理から酒に合うおつまみ、デザートまで用意しているため、何度でも楽しんでいただけると思う」と話す。

 現在の営業時間は11時30分~20時。注文は「menu(メニュー)」アプリ、テークアウト専用サイトで受け付ける。

Stay at Home

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?