3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う

ANAインターコンチでテークアウトメニュー アフタヌーンティーやハンバーガーなど

スイーツ15種類と3種類のセイボリーが付いた「アフタヌーンティースイーツ テイクアウト」

スイーツ15種類と3種類のセイボリーが付いた「アフタヌーンティースイーツ テイクアウト」

  • 853

  •  

 テークアウトメニューを現在、ANAインターコンチネンタルホテル東京(港区赤坂1、TEL 03-3505-1111)内の4店舗が展開している。

14種類のイチゴスイーツを詰め合わせた「ストロベリースイーツブッフェ テイクアウト」

 自宅でホテルの味を楽しんでもらおうと期間限定で用意するラインアップは4種類。「シャンパン・バー」では2種類のメニューを展開する。「ストロベリースイーツブッフェ テイクアウト」(1,500円)は、「イチゴとルビーチョコレートのムース」など14種類のイチゴスイーツを詰め合わせる。「サーモンタパス テイクアウト」(1,800円)は、「サーモンエクレア いくらのせ」といったシャンパンに合う9種類のサーモン料理を盛り込む。

[広告]

 「アトリウムラウンジ」で用意する「アフタヌーンティースイーツ テイクアウト」(2,300円)は、同店で提供する「ストロベリーアフタヌーンティー」のメニューを収めた商品。「ボンボンショコラ ストロベリー」や「ストロベリーパンナコッタ」などスイーツ15種類と、「ストロベリーとモッツァレラチーズのカプレーゼ」など3種類のセイボリーが付く。

 「ザ・ステーキハウス」では5種類のハンバーガーを展開する。「ザ・ステーキハウスバーガー」(1,890円)は、150グラムの和牛パテやスモークベーコンなどを挟んで仕上げた。そのほか、和牛パテとロブスターテールなどを挟んだ「サーフ&ターフ」(2,117円)、300グラムのダブル和牛パテを使った「ダブル・トラブル」(3,024円)、「メキシカン」(1,890円)、「サーモングリルバーガー」(1,966円)をそろえる。全てフレンチフライが付く。

 ほかにも、「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」では、「牛フィレ ストロガノフバターライス添え」(1,500円)や、「しらすとたけのこ そら豆のピラフ」(1,000円)、季節に応じたバケットサンドなどを用意する。

 同ホテル広報担当の森直美さんは「外出自粛の日々、自宅で過ごす時間が長くなっている方や、オフィスワークをされている方にさまざまなテークアウトメニューをご用意した。和牛100%の肉厚パテを使ったボリューミーな炭火焼きハンバーガーをランチに、そして気分転換のティータイムには見た目にもかわいらしいイチゴづくしのスイーツがお薦め。自宅で楽しむシャンパンやワインにぴったりなサーモンタパスや各種デリカテッセンもご用意したので、ホテルメイドの味わいをぜひご自宅でお楽しみいただきたい」と話す。

 「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」の営業時間は7時~19時。「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」以外の商品は前日までに要予約。クレジットカードでの事前決済のみ。予約商品の受け渡し時間と場所は商品ごとに異なる。6月30日まで。変更はホームページで随時更新する。

Stay at Home

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?