見る・遊ぶ 学ぶ・知る

赤坂・虎屋で東京出店150周年記念展 旧虎屋ビルの模型も

絵巻物仕立てで歴史を紹介する展示会場の中央には陶器でできた虎のオブジェを飾る

絵巻物仕立てで歴史を紹介する展示会場の中央には陶器でできた虎のオブジェを飾る

  •  
  •  

 「とらや東京出店150周年記念 千里起風(せんりきふう)展」が現在、赤坂の老舗和菓子店「とらや 赤坂店」(港区赤坂4)の「虎屋 赤坂ギャラリー」で開催されている。

150年前に十二代店主・黒川光正が東京への出店を決断した際のエピソード

 室町時代後期に京都で創業した同店が1869(明治2)年、東京遷都に伴い天皇にお供して東京に出店し、今年で150年目を迎えることを記念して開催する。

[広告]

 会場では5世紀の歴史の中から特に印象的な出来事を約28メートルの絵巻物仕立てで紹介する。巻物の絵は東京藝術大学大学院の谷津有紀さんが手掛け、ギャラリー中央に置く虎の陶器のオブジェは作陶家の北郷江さんが制作した。2階売り場の一角には、1964(昭和39)年に完工した「虎屋ビル」の75分の1サイズの模型や、昔の製造場、赤坂店の様子が分かる写真を展示する。

 6月29日・7月20日の各日13時30分からは、ギャラリートークを開催する。同展で紹介しきれなかったエピソードや、同店の東京の地での歩みなどを約30分にわたり分かりやすく解説する。

 広報担当の奥野容子さんは「絵巻物には関ヶ原の戦いや、今でも当社が大切に祭っている毘沙門天との縁にまつわるストーリーをはじめ、150年前に十二代店主・光正が東京への出店を決断した際の葛藤、戦時の東京大空襲時のエピソードなど、チャーミングな虎が店主や店員として登場し、分かりやすく紹介している。9月まで開催しているのでぜひお立ち寄りいただきたい」と話す。

 開催時間は平日=8時30分~19時、土曜・日曜・祝日=9時30分~18時。7月6日、8月6日は休廊。入場無料。9月5日まで。

  • はてなブックマークに追加

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?