見る・遊ぶ 学ぶ・知る

迎賓館赤坂離宮、参観料改定へ 新たに作ったフォトガイドブックも配布

迎賓館赤坂離宮の本館(提供=内閣府迎賓館)

迎賓館赤坂離宮の本館(提供=内閣府迎賓館)

  •  

 迎賓館赤坂離宮(港区元赤坂2)の参観料が10月12日、改定される。

赤坂迎賓館本館または和風別館を参観した来場者にのみ配布する新しいパンフレット(提供=内閣府迎賓館)

 外国の元首や首相などの賓客を迎えるための迎賓施設である同施設。賓客を迎えるのに支障のない範囲で一般に公開している。

[広告]

 同施設はこれまで一般公開のほか、外国からの賓客を迎えるための「正面玄関」を入り口として開放し「正面玄関ホール」を見学できる「迎賓館特別参観」など、さまざまな特別公開も実施してきた。ツイッターでの情報発信、特別企画時には夜間公開やガーデンカフェを開くなどの取り組みも行っている。

 今回の参観料の改定では、「本館」「庭園」を参観できる「大人」の参観料を500円値上げし1,500円とした。同時に「大学生」の参観料を新設し、1,000円に設定。大学生以下については従前の参観料を据え置いた。「和風別館」「庭園」のみを参観できる「和風別館+庭園」の料金も新設する。

 料金改定に合わせ、同施設では入館時に配布する記念品も刷新。現在は両面刷りの1枚紙を三つ折りにしたリーフレットを配布しているが、新たに作成したフルカラー32ページのフォトガイドブックに変更する。同ガイドブックは非売品で、赤坂迎賓館の本館または和風別館を参観した来場者のみに配布する。

 同館の別府充彦館長は「さまざまなニーズに応えつつ、魅力のある企画を今後も展開するため、料金の改定に踏み切った。参観された方々には、より迎賓館の魅力を感じていただくため、映像で分かりやすく紹介するデジタルサイネージを多数導入するとともに、参観の思い出の品となるフォトガイドブックを配布することとしている。今後もさまざまな特別展なども実施していくので、参観料の改定に理解を頂き、足を運んでいただきたい」と話す。

 参観時間は10時~17時。水曜休館。本館の参観料金は、大人=1,500円、大学生=1,000円、中高生=500円、小学生以下無料。和風別館+本館+庭園の参観料は、大人=2,000円、大学生=1,500円、中高生=700円。和風別館+庭園の参観料は、大人=1,500円、大学生=1,000円、中高生=500円。小学生以下は参観不可。庭園(前庭・主庭)の入場料は、大人=300円。大学生以下無料。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?