食べる

赤坂の「るるぶキッチン」で宮崎県西都市とのコラボ企画 EMO牛のビステカなどオリジナルメニュー用意

EMO牛のビステカ 夏野菜を添えて

EMO牛のビステカ 夏野菜を添えて

  •  

 赤坂バル横丁(港区赤坂3)内にある「editor’s fav るるぶキッチン」で現在、宮崎県西都市とのコラボレーション企画を開催している。

妻地鶏の炭火焼きピーマン詰め

 「ご当地連動型バル」として、日本全国から集めた食材や料理、国産ワインなどを提供している同店。これまでに岩手県宮古市、福岡県北九州市、鹿児島県南九州市、三重県松阪市などの食材を使って料理を提供してきた。西都市は宮崎県の中央部に位置する市で、日本最大級の古墳群である「西都原古墳群」のある街としても知られる。

[広告]

 今回も多数のオリジナルメニューを用意。有田牧畜産業の牛肉を使った「EMO牛のビステカ 夏野菜を添えて」(3,500円)や「妻地鶏の炭火焼きピーマン詰め」「椎茸南蛮タルタルマスタード掛け」「マンゴーと生ハムのタルティーヌ」(以上780円)、「宮崎の夏の味 焼き冷や汁」(640円)を提供する。地元の正春酒造の芋焼酎「逢初」なども用意し、店内では西都市のお土産品などの販売も行う。

 「夏らしい爽やかなメニューを取り揃えた。中でもおすすめはEMO牛のビステカ。仕入れが困難な希少な黒毛和牛を、ぜひ特製のわさびソースで召し上がっていただきたい」とJTBパブリッシング・マーケティング本部の関根理沙さん。「西都市は悠久の自然に囲まれた、素晴らしい景色と豊かな食の環境に恵まれた場所。企画を通して西都の食の奥深さを感じていただき、ぜひ現地にも足を運んでほしい」とも。

 営業時間は、平日=11時30分~14時、17時~23時30分(金曜は翌2時まで)。土曜=11時30分~23時30分。日曜・祝日=11時30分~22時30分。7月27日まで。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?