食べる

赤坂の青森アンテナショップで「みそバターカレー牛乳どらやき」 ソウルフードをスイーツに

「味噌バターカレー牛乳どらやき」を紹介する副店長の長内郁純さん

「味噌バターカレー牛乳どらやき」を紹介する副店長の長内郁純さん

  •  

 赤坂のイベントスペース併設型アンテナショップ「AoMoLink(あおもりんく)~赤坂~」(港区赤坂3、TEL 03-5561-3131)が現在、青森のソウルフードをスイーツにした創作和菓子を販売している。

カレー味の餡とバターをサンドした「味噌バターカレー牛乳どらやき」

 同店で2月から販売を開始した「味噌(みそ)バターカレー牛乳どらやき」(180円)は、同市内で親しまれている「みそカレー牛乳ラーメン」をどら焼きに仕立てた和菓子。同店副店長の長内郁純さんは「青森市で親しまれているソウルフードを手軽に味わって欲しいと思い、販売することにした」と話す。

[広告]

 同商品は、市内に店を構える創作和菓子店の「松栄堂」が考案した、みそとカレーで作った餡(あん)とバターをサンドしたどら焼き。みそ、たまご、牛乳といった材料は同県産のものを使う。

 長内さんは「見た目は普通のどら焼きだが、食べると予想よりはるかにカレーの風味をストレートに感じることができるので、一度食べて欲しい。そのまま食べても美味しいが、電子レンジで温めると、中のバターが溶けだしてより風味がよくなるのでこちらも試していただきたい」と話す。

 営業時間は11時~18時。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?