天気予報

5

-2

みん経トピックス

氷川神社で元旦に甘酒配り赤坂に猫カフェ

城西大学、箱根駅伝で7位 3年ぶりにシード権獲得

城西大学、箱根駅伝で7位 3年ぶりにシード権獲得

10区を走る城西大学2年の荻久保寛也選手

写真を拡大 地図を拡大

 今年も1月2日・3日の2日間、「第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)」が行われ、赤坂エリアからは城西大学(千代田区紀尾井町3)が出場。7位に入り、3年ぶりにシード権を獲得した。

シード権獲得の喜びを語る城西大学の荻久保寛也選手(2年)

 2年ぶりの出場となった同大学。今大会では、往路序盤の1区は18位と苦しいスタートを切ったものの、4区の金子元気選手(3年)が区間順位4位となる力走をみせ、往路ゴールの芦ノ湖では6位まで順位を上げた。

 復路では、6区終了時点で9位まで順位を下げるも、7区の山本竜也選手(4年)、8の大石巧選手(3年)がともに区間順位4位の活躍をみせ、8区以降は7位をキープし、ゴール。念願のシード権を3年ぶりに手にした。

 最終走者(10区)を務めた荻久保寛也選手(2年)は「今年は予選会から勝ち上がり、7位という結果を出せた。5位を目標にしていたが、最低限の目標にしていたシードが獲得できて良かった。来秋の出雲駅伝にも出場したい」と話した。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

国会議事堂前のイチョウ並木も雪景色となった
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

アクセスランキング