食べる

赤坂にオールドボトルバー、ウイスキー好きの元OLが開く

店主が自ら探し出したオールドボトルを約150本そろえる

店主が自ら探し出したオールドボトルを約150本そろえる

  •  

 赤坂に「Bar regalo AKASAKA」(港区赤坂3、TEL03-3505-5835)がオープンして2カ月を迎える。オープン日は9月1日。

店内ショーケースに並ぶボトル

 カウンター7席、テーブル2卓4席。カウンターに立つ店主の櫻井さんは、ウイスキーに魅せられ同店をオープン。「旅行がてら酒屋に立ち寄り、古くて珍しいボトルを見つけては買って帰っていた」と話し、ボトル棚に並びきらないものを含めて300本のウイスキーをそろえる。

[広告]

 2年ほど前、長野へ旅行に行った際に立ち寄ったバー「Bar regalo」にほれ込んだ櫻井さんは、OLとして働きながらバーテンダースクールに通い、基本的な知識と技術を身につけた後、店主に弟子入り。店名はそのバーの名前を受け継いだもの。

 店内には自ら探し出した70~80年代のウイスキー150本ほどをそろえ、デュワーズの最高級「ネ・プラス」や60年代の「オールドパーティンキャップ」、70年代の「スーパーニッカ」などのオールドボトルが並ぶ。

 そのほかカクテル各種(900円~)を用意し、「すだちウオツカトニック」(1,200円)など旬のフレッシュフルーツを使ったカクテルも提供する。

「現行のボトルとオールドボトルの味の違いを楽しんでいただきたい。自分が見つけてきたボトルの味を一緒に味わいたくて開いた」と櫻井さん。「自分もまだまだ酒の初心者なので、バーやウイスキーの初心者の方にもお越しいただければ」とも。

 営業時間は19時~翌3時(土曜は24時まで)。日曜・祝日定休。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?