天気予報

14

5

みん経トピックス

特集

エリア特集2013-07-29

B級グルメ王・柳生九兵衛の「赤坂うまいもんめぐり・ぐるグルメ!」《第26回「七宝麻辣湯 Vegetable Farm AKASAKA」》

プロの食いしん坊、B級グルメ探究家の柳生九兵衛さんが赤坂エリアの飲食店をめぐりご紹介する週刊連載。「味はA級、値段はB級、満足感は超A級!」。そんな赤坂の安うまグルメに迫る同企画。第四弾のテーマは「ラーメン」です。

【赤坂・ラーメンの名店めぐり-その6】

●「七宝麻辣湯 Vegetable Farm AKASAKA」
(港区赤坂3、TEL03-6435-5941)

 ラーメンの名店めぐりの最終回でご紹介するのは、こちら。厳密に言うとラーメンではなく、「麻辣湯(マーラータン)」というスープ春雨のお店なのですが、赤坂でのうまいもんめぐりなら、ここは外せません! 中国ではよく知られる「麻辣湯」。食通として知られるこの店のオーナーさんは、中国で初めてこの「麻辣湯」を食べて衝撃を受け、その後になんと200軒以上もの店を食べ歩いたのだとか。その中で一番おいしいと思ったのが、上海の七宝古鎮という町にある「七宝老街愛情麻辣湯」というお店。

 「おいしくて、楽しくて、身体に良い麻辣湯をぜひ日本にも紹介したい」と、ここで修業をした後に、世界で唯一暖簾分けを許され、6年半前に日本初の麻辣湯専門店を渋谷にオープン。そして「麻辣湯」と、そのルーツと言われる「薬膳火鍋」の専門店として昨年7月にオープンしたのが、この赤坂のお店です。

お店のシステムは非常にユニーク。「スープ春雨(麻辣湯)」(680円、写真下) を食べるなら、まずは、きのこや野菜、お肉など、50種類ほどの食材がずらりと並ぶ冷蔵ショーケースからお客さんが自分で好みの3種類をトレイにチョイス。0番~5番までの辛さを選び、トレイをスタッフに渡せば、それらがトッピングされたスープ春雨が客席に提供されます。

(※パクチー、豆腐、レタスをトッピング。辛さ1番)

無農薬、低農薬の野菜類を中心に、たくさんのトッピングが並ぶショーケースを見ているとどれを選ぶか思わず迷ってしまいそうですが、1品プラス100円で追加のトッピングもOK。他にも、漢方薬として使われるスパイスを多数ブレンドした「薬膳麻辣湯」(写真下)や、「しょうが玉」「コラーゲン玉」などの後のせトッピング「味変玉」もプラス100円で追加できるので、お好みで選んでみてください。

(※肉団子、水餃子、チンゲン菜をトッピング。辛さ2番+薬膳麻辣湯)

春雨の麺は、しっかりとコシがありツルツルの食感も心地よい味わい。プラス100円で中華麺にチェンジしてラーメン風に食べることもできますが、まずは、オーナーが惚れ込んだ春雨麺で食べるべし! 「ヘルシーな春雨と唐辛子のカプサイシン、野菜の食物繊維が合わさった究極のダイエットフード。医食同源が七宝麻辣湯のコンセプトです」ということで、約7割ほどが女性のお客さんだとか。


しっかりと食べたい時には「薬膳火鍋コース」(一人前3,200円、写真上)もおすすめ。中国ではポピュラーな蒸留酒「白酒(パイチュー)」は、「日本一の品揃え!」とのこと。日本ではあまりなじみがありませんが、こちらもぜひぜひ味わってみてくださいね。

「七宝特製担担麺」(850円、写真上)もおすすめ

さて、26回に渡ってお届けしてまいりました、「赤坂うまいもんめぐり・ぐるグルメ!」は、今回でひと区切り。一足早い夏休みとさせていただきます。また、お会いできる日を楽しみに、ひとまずは、半年間のご愛読、本当にどうもありがとうございました。

柳生九兵衛


「七宝麻辣湯 Vegetable Farm AKASAKA」
港区赤坂3-8-8赤坂フローラルプラザビル1F
TEL03-6435-5941
11:30~23:00(日曜、18:00~23:00)、無休

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

「桜茶屋」で販売する「乃木のはなむけ膳」
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

アクセスランキング