食べる

赤坂に和食居酒屋「分店 なかむら食堂」-厨房の様子をモニターで上映

店内に設置されたモニターでは厨房の様子が映し出される

店内に設置されたモニターでは厨房の様子が映し出される

  •  

 赤坂の居酒屋「分店 なかむら食堂」(港区赤坂6、TEL 03-5575-0026)がオープンして3カ月が過ぎた。運営はフェアグラウンド(世田谷区)。

店内に設置されたモニターでは厨房の様子が映し出される

 席数は50席。貸し切りなどにも対応する。

[広告]

 以前、料理教室も開く食器店だった店舗を居抜きで借り上げ開いた同店。料理教室向けに設置された大型モニターでは、当時のまま厨房の様子を映し出している。オープンキッチンで調理する料理人は全員が板前出身で、「自分の注文した料理が作られていく過程をモニターで見ることを楽しみにしているお客さまも多い」と店長の後藤慎太郎さん。

 メニューは、有機野菜や築地の新鮮な魚を使った和食をメーンに、洋食からラーメンまで幅広く取りそろえている。「ハムカツコロッケ」(700円)、「豚・ゲソ・ジンジャー」(800円)、本間マグロの「にぎりずし」(3貫750円~)、サンマ1匹を使った「サンマの土鍋ごはん」(1,500円)など。アルコールは「自家製塩トマトサワー」「自家製ショウガサワー」(以上600円)ほか、ビールや焼酎、日本酒なども用意する。

 「地域の人に愛される普段使いの気取らない店を目指しているので、メニューも幅広く用意している」と後藤さん。「男女を問わず幅広い年齢層が来店している」とも。今後は、ランチ営業も検討しているという。

 営業時間は17時30分~23時30分。日曜定休。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?