天気予報

30

20

みん経トピックス

赤坂の居酒屋が「龍力祭り」赤坂の和菓子店がたい焼き

赤坂で「値決め食堂」緊急開催-風評被害の食材を調理

  • 0
赤坂で「値決め食堂」緊急開催-風評被害の食材を調理

緊急開催が決まった「値決め食堂」。東北産・茨城産の食材を使う

写真を拡大 地図を拡大

 クッキングスクールや食器のショールームなどを運営するテーブルスタジオ・タキトー(港区赤坂6、TEL 03-5575-0025)では、4月23日から期間限定で、「値決め食堂」が開催される。主催はシェフズバンク(港区)。

 今回のテーマは、「今、僕らにできること」。東日本大震災により被害を受けた東北産・茨城県産の食材を使い、ボランティアで集結したシェフたちが料理を振る舞う。

 和食・洋食・中華・フレンチ各ジャンルのシェフ6人が日替わりで参加を予定。利益は義援金として日本赤十字に寄付する。メニューは、その日の食材によりコースかアラカルトかを決める。

 「値決め食堂」のシステムは、入場料として1,500円を支払い、料理に関しては客が値段を決める。食後、評価シートに記入し、支払いたい金額を決定する。

 シェフズバンクの瀧藤久夫さんは「被災地である岩手県を訪問し、風評被害に苦しむ農家の人々と面談し、今回の内容や今後の活動のことを伝えてきた。食を通して、経済活動を活発にしていきたい。イベントとして楽しく終わるだけでなく、長い目で見た生産者支援を行えれば」と話す。

 営業時間は、平日=18時~22時、土曜・日曜・祝日=16時~21時。当日来店も可能だが、食材が無くなり次第終了。予約は同社のホームページで受け付ける。今月30日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

鹿児島県の薩摩川内産のウナギを使った「うな重」
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

アクセスランキング