食べる

「赤坂 炬屋」が兵庫の日本酒「龍力」フェア-蔵元から杜氏も参加

「大吟醸 米のささやき」が全国新酒鑑評会で金賞を受賞するなど、高い評価を受ける龍力

「大吟醸 米のささやき」が全国新酒鑑評会で金賞を受賞するなど、高い評価を受ける龍力

  •  

 赤坂・一ツ木通りにある炭火料理店「赤坂炭火 炬屋(かがりや)」(港区赤坂4、TEL 03-6459-1205)が4月25日・26日の二日間、兵庫県から日本酒「龍力」の杜氏を呼んで、「龍力祭り」を行う。

 同店の料理長でもあり店長の高田秀一さんは「自分で作る料理に合う日本酒を探すために酒蔵まで足を運ぶ」のが信条で、過去には純米大吟醸「獺祭」の蔵元・旭酒造(山口)を訪れ、自ら仕込みを行ったことも。今回は昨年実施した「獺祭祭り」に続く日本酒の会として「龍力祭り」を企画した。

[広告]

 提供される酒は、龍力の蔵元・本田商店(兵庫)から取り寄せた5種の日本酒。「龍力は、日本一の酒米である山田錦の中でも、特A地区のものを使って日本酒を作っている。当日は龍力5代目の本田龍祐さんと杜氏さんも参加し、お客さんに直接振る舞ってもらう。日本酒ファンにとっては、いろいろな話をきけるチャンス」と高田店長。「龍力のフラッグシップでもあり、日本のロマネコンティと呼ばれる純米大吟醸『秋津』は1升3万円。これを最初の一杯としてサービスでお出しする」とも。

 料金は、龍力の「米のささやき」「純米ドラゴン」「無ろ過生原酒 山田錦」「無ろ過生原酒 神力」「生もと」の飲み比べと、炭火焼きや鍋など含む6品ほどの料理がコースになって一人7000円。両日とも定員25人。先着順で電話予約を受け付ける。

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?