食べる 見る・遊ぶ

紀尾井町でバラのイベント「KIOI ROSE WEEK」 ライトアップも

「KIOI ROSE GARDEN」昨年の様子

「KIOI ROSE GARDEN」昨年の様子

  • 20

  •  

 東京ガーデンテラス紀尾井町(千代田区紀尾井町1)で5月9日、イベント「KIOI ROSE WEEK 2022」が始まった。

ストーリーズに投稿されたバラの開花状況(2022年5月12日のスクリーンショット)

[広告]

 今年は「SHARE ROSES, SHARE LOVE バラでつながる街、紀尾井町」をテーマに、紀尾井町という地域が、バラでつながり合うイベントなどを行う。同施設内に建つ「赤坂プリンス クラシックハウス」を囲むように植えられた「KIOI ROSE GARDEN」では例年、5月初旬ごろから多くのバラが花を咲かせ、約90品種600株もの花が咲く。今年は夜に一部のライトアップを行い、昼とは印象の異なるバラをみることができるようにするという。同施設の公式インスタグラムでは、「KIOI ROSE GARDEN」内の見頃のバラをストーリーズに投稿するといった施策も行う。

 紀尾井テラス4階の「水の広場」には、「BIG ROSE BENCH」を設置。「マルガージェラート」のオリジナルジェラートを販売する「KIOI ROSE CAFE」も出店する。同広場を中心にフランスの児童書イラストレーター団体「La charte(ラ・シャルト)」による、バラをテーマにしたイラスト約30点を展示する企画「KIOI ROSE EXHIBITION」も行う。

 同テラス1階「花の広場」では特定日に「KIOI ROSE MARCHE」を開催する。「インフォメーション前」には、パリのセーヌ川沿いで行われている古本市「ブキニスト」をイメージした絵本・児童書のシェアスポット「紀尾井ブキニスト」を設置する。

 期間中、同施設の飲食店などではバラに関連したスイーツの販売なども行う。パティスリー&カフェの「ラ・プレシューズ」は、ローズ風味のフランボワーズジャムを使った「エクレール・ローズ」(486円)を販売。「赤坂プリンス クラシックハウス」では、予約制の「クラシック・アフタヌーンティー“ローズ”」(5,000円)を提供する。

 東京ガーデンテラス事業推進部の中山綾希子さんは「今年はバラの持つ魅力が街に広がり少しでも多くの人が笑顔でつながることを願い、近隣の飲食店や施設の協力を得て街全体でバラが楽しめる企画にした。児童書シェアスポット『紀尾井ブキニスト』を設置し、不要になった児童書を回収して海外の子どもたちに寄付する活動も行う。この機会に紀尾井町にお越しいただき、バラを楽しんでほしい」と話す。

 「KIOI ROSE CAFE」の開催日は5月13日~5月23日。開催時間は11時~20時。「KIOI ROSE MARCHE」の開催日は5月20日・27日・28日・29日。開催時間は11時30分~16時。「KIOI ROSE GARDEN」の点灯時間は17時~22時。「紀尾井ブキニスト」の開催時間は11時~19時30分。5月31日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース