食べる

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町が「ビーガンアフタヌーンティー」 期間限定で提供

「Flower Garden Vegan Afternoon Tea」の「スイーツプレート」(画像は2人用)

「Flower Garden Vegan Afternoon Tea」の「スイーツプレート」(画像は2人用)

  • 7

  •  

 ビーガン向けアフタヌーンティーを現在、「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」(千代田区紀尾井町1、TEL 03-3234-1111)の「All-Day Dining OASIS GARDEN」が提供している。

「Flower Garden Vegan Afternoon Tea」の「セイボリープレート」(画像は2人用)

[広告]

 期間限定で用意する「Flower Garden Vegan Afternoon Tea」(5,800円)は新作で、ロースイーツや新食感の野菜を使い、SDGsや健康を意識した100パーセント植物性のメニューを盛り込んだ商品。メニューは、オーガニック料理インストラクターなどの資格を持ち、ビーガンコンサルタントとして活躍する「Haruka」さんが監修した。

 同ホテル広報担当の中尾根由梨さんは「健康に対する意識や食に対する興味の高まりから、ランチ需要としても人気のアフタヌーンティーを、多くの方にお召し上がりいただきたいという思いで考案した。ビーガンに対して初心者の方でもアフタヌーンティーというスタイルでお楽しみいただけるように、デザインやコンセプトにもこだわった」と話す。

 ラインアップは14種類。スイーツは「空中庭園をイメージしたレストランで楽しむFlower Garden」をテーマに、自然の恵みや美しさをお皿に表現したという「スイーツプレート」を提供する。同プレートのスイーツは、グルテンフリーに対応しており「バナナマフィン」や「紅茶とイチジクのパウンドケーキ」などを盛り付け、シュガーフリーやロースイーツで作ったスイーツのリースを表現する。「豆乳パンナコッタとフルーツのグラススイーツ」と2種類の「スコーン」も付く。

 自然の恵みや畑をイメージしたメニューを盛り込んだ「セイボリープレート」は、ネギ、ニンニク、ニラ、らっきょう、タマネギといった匂いや刺激の強い食材の「五葷(ごくん)」フリーに対応。「豆腐のブランマンジェ」や「トマトの米粉パン ソイミートバーガー」のほか、SDGsの観点から、熊本県八代で収穫され市場に出回らない、大きさの異なるトマトを使った「カラフルトマトと八代トマトのコンソメジュレ」なども提供する。

 ドリンクは5種類の「マイティーリーフ」や15種類の「ロンネフェルト」の紅茶と4種類のコーヒーがフリーフローとなる。

 中尾根さんは「ホテルからの景色と共に、自然の恵みや豊かさをプレートに描いたアフタヌーンティーとなっている。健康を意識した食材を多く使っているので、ぜひ多くの方に利用いただきたい」と話す。

 提供時間は11時30分~15時。2時間制。要予約。予約は2人から受け付ける。電話とネットで受け付ける。予約は利用前日の17時まで。8月31日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース