食べる

東京ガーデンテラス紀尾井町に「手打ちそば そばしき」 ウニやアワビを使ったそばも

「雲丹そば」

「雲丹そば」

  • 23

  •  

 石臼挽き手打ちそばの店「手打ちそば そばしき」(千代田区紀尾井1、TEL 03-6272-8390)が4月11日、東京ガーデンテラス紀尾井町の2Fにオープンした。運営はシナジー(新宿区)。

季節限定の「すだちそば」

 「江戸前手打ちそばと料理で四季を楽しみながら大人のそば呑みスタイルを満喫」をテーマにオープンした同店。店舗面積は約32坪。席数は42席で、個室1室と半個室3室を設ける。

[広告]

 冷たいそばメニューの「雲丹(ウニ)そば」(1,870円)は、滑らかで濃厚なウニと香味野菜を添え、香りの高いつゆでさっぱりと食べられる商品に仕上げる。「鮑(アワビ)のおろしつけ汁そば」(1,750円)は、アワビのコリコリとした食感が味わえるメニュー。つゆと卵黄を絡めて食べる「和牛つけ汁そば」(1,650円)も用意する。季節限定の徳島産のすだちを使った「すだちそば」や「海老(エビ)とオクラのトマトぶっかけそば」(以上1,210円)なども用意する。ほか、京鴨を使った「鴨南蛮そば」(1,650円)といった温かいそばもそろえる。

 ランチタイムには「そば屋の漬けまぐろ丼と手打ちそば」(1,210円)、「海老(エビ)野菜天丼と手打ちそば」(1,430円)など、4種類の「お昼限定 手打ちそば御膳」も提供する。

 そば前は、自家製のそば豆腐を使った「そば豆腐と湯葉の梅肉和え」(770円)や季節の一品をのせた「そば前盛り合わせ」(1,100円)など。京鴨の「鴨わさ」(770円)、エビとキスに野菜5品を添えた「天ぷら盛り合わせ」(1,650円)なども提供する。

 シナジー管理本部部長の島貫和行さんは「店名の『そばしき』は、『そば』のおいしさと、日本の四季折々の季節感を楽しむ『しき』を大切にしていきたいという思いを込めたて付けた。弊社の原点である江戸前そばを歴史あるこの紀尾井町の地から伝えて行きたいと思い、そばの新ブランドとして当店を出店させた。店頭では職人が手打ちする姿も見られるので、お子さんにも喜んでいただけると思う。職人の打つ本格的な手打ちそばのおいしさを、たくさんの方に楽しんでもらいたい」と話す。

 現在の営業時間は11時~20時(ランチは11時~15時)。

  • はてなブックマークに追加

赤坂経済新聞VOTE

今、赤坂にほしい施設は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース